秦野版 掲載号:2016年5月26日号
  • LINE
  • hatena

巨大壁に挑戦 盲学校生がクライミング

スポーツ

ホールドやインナーを探しながら上を目指す生徒
ホールドやインナーを探しながら上を目指す生徒
 秦野市戸川の神奈川県立山岳スポーツセンターで5月14日、県立平塚盲学校クライミング部の生徒らが、高さ15mの屋外クライミングウォールに挑戦した。

 障害者にスポーツの機会を提供しようと(公財)県公園協会と同センターが開催しているもので、今回で4回目。

 この壁は同校体育館で部員らが練習に使っているものの約2倍の高さ。生徒たちは県山岳指導員や保護者らの声を頼りに、ホールドやインナー(へこみ)を探して身軽に登っていった。参加した亥埜(いの)友理さん(13)は体験後、「インナーが難しいけど高くて登りがいがある。降りる時に気持ちが良い」と明るく話していた。

 日頃、同部のサポートにあたっている団体「グランペ」の笹川香穂さん(42)によると、クライミングは視覚障害者が思い切って身体を動かすことのできるスポーツで、ゴールが分かりやすく、達成感も得やすいという。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク