秦野版 掲載号:2016年6月18日号 エリアトップへ

スポーツ鬼ごっこを通じで子どもたちに運動の楽しさを教える 飯田 琢郎さん 鶴巻在住 30歳

掲載号:2016年6月18日号

  • LINE
  • hatena

夢は世界的アスリート育成

 ○…体育館にはいきいきとダッシュする子どもたちの姿と元気な声が響き渡る。その真ん中で、子どもたちに負けない元気な笑顔がはじける。活動のベースとなる一般社団法人を今年5月に立ち上げた。「FIKA総合型クラブ」と名付けたその法人。スウェーデン語で「お茶を一緒に飲みましょう」という意味にした理由は「友達とでも職場でも、それぞれのスタイルで、お茶を飲むようにスポーツに親しんで欲しいと思ったから」と話す。代表を務めるスポーツ鬼ごっこチームから5人の子どもと共に6月19日に都内で行われる全国大会に出場する。

 ○…千葉県富津市生まれ。東海大学付属望洋高校(現東海大学付属市原望洋高校)で白球を追いかける高校球児だった。名門高校で野球漬けの毎日。厳しい練習の中「正直野球の面白さが分からなくなったり…」。そんな思いが今、子どもたちを指導するなかで「楽しさを大切にする」ことに繋がっている。

 ○…東海大学体育学部入学を機に移り住んだ秦野。大学院終了まで6年間の暮らしの中で様々な仲間にも恵まれ、そのまま現在でも生活の拠点としている。大学在学中アルバイトで知り合った人から少年野球鶴巻ファイターズ(当時)のコーチを頼まれ、のちに監督まで務めた。そうした経験を通じてコーチや指導者の魅力を知った。「教えた子どもたちが、それまでできなかったことができるようになったりすることがうれしいです」と会心の笑顔。

 ○…現在独身。体を動かすことが大好きで”大人の部活”と称し仲間とスポーツ鬼ごっこのクラブチーム「相模・湘南ハンターズ」を結成し全国トップリーグにエントリー。昨年は2位になった。将来の夢は秦野から世界に通用するアスリートやプロスポーツ選手を誕生させること。「錦織選手を輩出したIMGアカデミーの日本版みたいなものを作ってみたい」と話す瞳は、真剣そのものだった。

秦野版の人物風土記最新6

松本 亮三さん

文化財保護強調週間に特別公開を行うはだの大日堂保存会の会長を務める

松本 亮三さん

東海大学名誉教授 68歳

10月23日号

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

秦野市文化団体協議会の会長を務める

片野 靖山(せいざん)さん(本名:靖さん)

桜町在住 89歳

10月16日号

小桧山(こひやま) 茂雄さん

秦野茶を使ったクラフトビール「HANOCHA」のプロジェクトリーダーを務める

小桧山(こひやま) 茂雄さん

西田原在住 44歳

10月9日号

竹田 茂さん

9月3日付で秦野警察署長に就任した

竹田 茂さん

秦野市在住 58歳

10月2日号

佐藤 直樹さん

秦野市教育長に就任した

佐藤 直樹さん

二宮町在住 57歳

9月25日号

内田 賢司さん

9月1日付で秦野市副市長に就任した

内田 賢司さん

曽屋在住 69歳

9月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク