秦野版 掲載号:2016年9月24日号
  • LINE
  • hatena

30周年を迎える鶴巻ドラゴンズの代表を務め、記念式典で退任する 聳城(たかぎ) 豊さん 鶴巻南在住 64歳

次代へ繋ぐスポーツ文化

 ○…設立30周年を迎える少年サッカーチーム『鶴巻ドラゴンズ』。公園でサッカーボールを蹴っている少年を見て「サッカーのできる場所をつくりたい」とチームを創った前代表の想いを引継ぎ、17年に渡り代表を務めてきた。10月に行われる30周年記念パーティーで次の世代へとバトンを渡す。「代表を辞めるからといってチームをやめるわけではない。これからも子どもたちのために、地域を愛し活動を続けてほしい」と期待を託す。

 ○…チームには、保育園から小学6年生までの子ども約70人、コーチは約60人が所属。子どもが卒業してもなお、保護者がコーチとして残ることが多いのだとか。コーチの活動はサッカーを教えるだけにとどまらず、日頃練習をしている鶴巻小学校の運動会やバザーなどでは設営や片付け、出店もするなど、地域に根差した活動を広く行っている。「ボランティアだが楽しんでやっている。子どもが育つとともに、大人も成長し、広い繋がりができる」。よほど活動が楽しいのだろう。話す顔からは思わず笑顔がこぼれていた。

 ○…父の仕事の関係で、東京、静岡と転校が続いた。それでも小学4年の時に始めたサッカーはずっと続けてきた。大学サッカー部のマネージャーだった奥様との結婚を機に秦野に住み、2人の息子もサッカーの道に。次男が小学1年の時にチームに入団し、長男は今ではJリーグの審判に。自身は、60を過ぎた今もメーカーの研究職嘱託社員として働く。一方、休みを費やし長い事チームの活動に関わっている。「退職する来年には、妻とゆっくり旅行にでも」。傍で支えてくれた理解者を労う予定だ。

 ○…サッカー以外にランニングも好きで、100Kmを走るウルトラマラソンを完走したことも。とにかくスポーツが好きだ。「日本のスポーツ文化を盛り上げていきたい」。バトンを渡しても、その歩みは止まることなく続いていく。

秦野版の人物風土記最新6件

紅谷 綾音さん

東海大学チャレンジセンターキャンパスストリートプロジェクト(C.A.P.)のリーダーを務める

紅谷 綾音さん

12月14日号

猪股 義晴さん

9日まで開催中の「蓑毛緑水庵紅葉ライトアップ」の主催事務局を務める

猪股 義晴さん

12月7日号

渡邉 典夫さん

30周年を迎えた社会福祉法人ビーハッピー「みのりの家」の理事長を務める

渡邉 典夫さん

11月30日号

鈴木 幹雄さん

秦野観光和太鼓最年長会員として11月25日の第9回自主演奏会に臨む

鈴木 幹雄さん

11月23日号

小泉 貴寛さん

秦野産小麦の地産地消を目指す秦野小麦出荷組合組合長

小泉 貴寛さん

11月16日号

久保寺 こずえさん

絵画サークルCrazy Pumpkinの代表を務める

久保寺 こずえさん

11月9日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク