秦野版 掲載号:2016年12月17日号 エリアトップへ

秦野ぶらり会の会長を務める 石川 邦夫さん 曽屋在住 72歳

掲載号:2016年12月17日号

  • LINE
  • hatena

何事にも誠実に

 ○…1991年に市内を中心に史跡や文化財を巡る「秦野ぶらり会」を立ち上げ25年、最初は7人でスタートした同会も今では約80人にまで増えた。25周年を記念して制作したいろはカルタは「秦野の旧跡や名所など見所が満載。光を調節しながらの撮影は難しかったが、完成した時は嬉しかった」と笑顔で語る。

 ○…山形県鶴岡市に、農家を営む両親の間に5人兄弟の三男として生を受けた。「兄弟は仲が良く、家の中は常ににぎやかだった」と当時を振り返る。小学生のとき、「地元の歴史について調べよう」という授業があった。もともと歴史に関心は持っていたが、これがきっかけでより興味を持った。地元の鶴岡工業高校に進学した後も図書館に通い、三国志の本を何度も読んだ。「歴史は好きだったが、数学は苦手で3年間大変だった」と苦笑する。

 ○…高校卒業後、姉が勤務していた理髪店の利用客の紹介でNTTに入社し、交換機保守に携わった。当時、電話の技術革新は凄まじいスピードで進み、技能の習得は大変だったが、「とにかく何回も繰り返し仕事をし、体で覚えた。当時は毎年採用者が多く、同期もたくさんいて楽しかったよ」とにこやかに語る。27歳のとき結婚、2人の息子を授かった。

 ○…定年退職後から、農薬を使わない野菜を作りたいと畑を借り、1人で栽培を始めた。以前はほうれん草やにんじんなど種類も豊富だったものの、最近はぶらり会や自治会の活動が忙しく、手入れをする時間が取れないとか。それでも、「時間があればまたやりたい」と熱く語る。「活動を通して花や木、山など自然豊かな秦野を再発見できる。会員には様々な人がいて、高齢の人でも無理なくコースを巡れるよう配慮している。1人ひとりに合わせた応対をすることが大切なんだよ」。柔らかな表情と穏やかな口調の中に、誠実な考えと秦野への熱い思いを感じた。

秦野版の人物風土記最新6

吉野 詩織さん

7月9日に「インハイ」を実施する学生団体E4の代表を務める

吉野 詩織さん

秦野総合高校3年 17歳

6月24日号

板倉 久士さん

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している

板倉 久士さん

YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

6月17日号

多田 敏子さん

丹沢アートフェスティヴァルのスタッフとして支えた

多田 敏子さん

河原町在住 50歳

6月10日号

山口 浩さん

今年5周年を迎える「ぱれっと・はだの」の業務執行理事を務める

山口 浩さん

沼代新町在住 60歳

6月3日号

岩渕 浩二さん

秦野警察署長に就任した

岩渕 浩二さん

秦野市在住 53歳

5月27日号

赤柴 芳明さん

市内施設等を回り演奏を披露する音楽ボランティア「コロポックル」の代表を務める

赤柴 芳明さん

東田原在住 77歳

5月20日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook