秦野版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

寺内選手の栄光を後輩へ 郵便局が秦高へパネル寄贈

スポーツ

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
秦野郵便局から贈られた寺内選手の写真パネル
秦野郵便局から贈られた寺内選手の写真パネル

 11月の第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会で優勝した日本郵政グループ女子陸上部でアンカーを務めた寺内希選手(20)の写真パネルが、12月15日、秦野郵便局(舩渡川徹局長)から寺内選手の母校・県立秦野高校(神戸秀巳校長)へ贈られた。

 パネルに収められた写真は、大会当日会場に居合わせた相模台郵便局(相模原市)の安藤潤一郎局長が撮影したもの。ゴール後、満面の笑みで胴上げされている寺内選手が写っている。

 秦野郵便局の舩渡川局長らは15日に同校を訪問し、神戸校長にパネルを手渡した。神戸校長は「サクセスストーリーを身近に感じることによって、将来の夢や受験、部活動に取り組む生徒たちの励みになるはずだ」と感謝を述べた。パネルは同校の陳列ケースに保管・展示される予定だ。

「頑張ってきて本当によかった」

 寺内選手は秦野市立北中学校を卒業後、秦野高校陸上部で活躍。2年生の時に、次年度新設予定だった日本郵政グループ女子陸上部から誘いがあった。

 入団1年目の2015年、同大会初出場の日本郵政は12位だったが、寺内選手はアンカーを務め、区間賞とわずか8秒差の好走。「次は8位入賞」と決意を新たに練習に励んできた。

 10月に行われた予選会で最終6区の区間賞に輝き、出場を決めた今大会。メンバー全員が好走し、5区の鍋島莉奈選手から1位で襷を渡された。その順位を死守してゴールした瞬間、「厳しい練習を乗り越え、頑張ってきて本当によかった」と改めて感じたという。

 寺内選手は当紙の取材に対し「全国大会で好成績を上げたことのない私が、まさか全日本実業団対抗女子駅伝の優勝テープを切れるとは思ってもみませんでした。今も驚きと、そして嬉しさでいっぱいです」と話し、「秦野高校の皆さんにおいては日々、部活動と勉強に励んでいることと思います。何事も最後まで諦めないこと。そして楽しむことも忘れず、頑張ってほしいと思います」と後輩にエールを送った。

 大会の様子をテレビ中継で見守っていた同校陸上部の湯山秀史顧問は、「高校時代から素直で一生懸命な選手でした。飛躍する先輩たちに刺激を受けながら、今後も頑張って欲しい」と笑顔を見せた。

神戸校長と舩渡川局長(右)
神戸校長と舩渡川局長(右)

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook