秦野版 掲載号:2016年12月22日号 エリアトップへ

元日に重要文化財を公開 蓑毛の大日堂

文化

掲載号:2016年12月22日号

  • LINE
  • hatena
公開される木造大日如来坐像
公開される木造大日如来坐像

 秦野市の大日堂(蓑毛721)に安置されている県指定重要文化財「木造大日如来坐像」などが、2017年1月1日(日)に特別公開される。時間は午前7時から午後3時まで。

 大日堂は隣接する宝蓮寺(東島礼美(あやみ)住職)が管理している。宝蓮寺縁起によると742年に聖武天皇勅願所として建立された。

 元日に拝観できるのは、いずれも県や市の重要文化財に指定されている貴重な仏像。

 頭部から体部が1本のヒノキで作られた像高199・5cmの「木造大日如来坐像」は、県の重要文化財に指定されている(1974年)。推定製作年代は平安時代。胸の前で左右の手を組み、智拳印と言われる印を結んでいる。同仏像の左右には市重要文化財の4体「釈迦如来坐像」「阿弥陀如来坐像」「宝生(ほうしょう)如来坐像」「阿閦(あしゅく)如来坐像」が鎮座しており、5体合わせて「木造五智如来坐像」と呼ばれている。

 像高228cmの「木造聖観音菩薩立像」(市指定重要文化財)も1本の木材から切り出されたもの。制作は平安時代と推定される。

 これらの仏像の特別公開は、8月に開催される閻魔詣や、市が文化財保護強化週間に合わせて実施する市指定文化財公開の時期に行っている。

 元日の公開は、地元の有志で組織された秦野みのげ文化の会(加藤仁美会長)が同寺に提案し2014年から続けている。当日は甘酒もふるまわれる予定。

 公開に先立ち12月25日(日)午前9時からすす払いを実施。同会では参加を呼び掛けている。希望者は掃除ができる服装で軍手などを持参する(申し込み不要・問い合わせは同会の田代さん【電話】0463・81・0311へ)。
 

過去のすす払いの様子
過去のすす払いの様子

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook