秦野版 掲載号:2016年12月24日号 エリアトップへ

様々な活動を通して地域づくりに尽力する 浅見 一義さん 西田原在住 63歳

掲載号:2016年12月24日号

  • LINE
  • hatena

活力ある秦野を目指して

 ○…秦野市が2016年度までを計画期間として進めてきた「森林づくりマスタープラン」に、市民代表として参加してきた。他にも市民会議実行委員会委員長や市青少年問題協議会委員、県地球温暖化防止活動推進員など、熱意と見識を持って様々なまちづくりに携わっている。「一日の時間が足りないよ」と苦笑するが、それ位が丁度いいとも。「毎日が完全燃焼だから」。毎朝3時半に起床し、長くも短い一日が始まる。

 ○…農家の長男として秦野市で生まれ育つ。「困っている人には誰にでも手を差し伸べた」という母に育てられ、自身も自然とそれを実践していくように。人との関わりが希薄になっている若者へ諭すこともあれば、市内在住のラオス人に無償で畑を貸与し、野菜作りを通して交流を深めたりもしている。拓殖大学在学時に出合い、胸に深く突き刺さったという『人種の色と地の境 我が立つ前に差別なし』という言葉を胸に日々精進。「来年はもっと海外の方との交流を盛んにしていきたいですね」と嬉しそうに話す。

 ○…大学卒業後はサービス業界へ就職し、それと同時に結婚。1男2女に恵まれる。実家を出て暮らしていたが、父が高齢になったことなどから40代前半で秦野へ。家業を継ぎながら食品業界へ転職し、時間を見つけてはスポーツで汗を流すことも。俊足の持ち主で、47歳で出場した市総合体育大会では、100mを12秒台で走り抜け優勝したこともあったという。

 ○…積極的に地元と関わるのは「活力ある秦野を目指しているから」だという。自身が会長を務める団体では、市内の荒廃地に菜の花や桜を植栽し、整備を進めている。数人で始まったこの活動も今では大勢が参加し、地域住民の憩いの場にもなっているという。「何をするにしても地域と協働していくことが大切なのです。これを実践していけば秦野はもっと輝く」。創造する未来に思いを馳せた。

秦野版の人物風土記最新6

師岡 文男さん

聖火フェスティバルの企画運営に協力し、講演を行う

師岡 文男さん

名古木在住 67歳

7月23日号

長谷川 香織さん

「みんなの想火」プロジェクト神奈川会場を担う

長谷川 香織さん

鶴巻在住 31歳

7月16日号

今井 勉さん

秦野市県人会連合会会長に就任した

今井 勉さん

堀山下在住 74歳

7月9日号

菊地 繁雄さん

秦野市老人クラブ連合会の会長に就任した

菊地 繁雄さん

下大槻在住 84歳

7月2日号

齊藤 初依(うい)さん

「インハイ〜一票に想いを乗せて@高校生議会」を主催する学生団体E4代表に就任した

齊藤 初依(うい)さん

堀川在住 17歳

6月25日号

本多 勝昭(まさあき)さん

初心者が楽しめる論語の本を執筆した

本多 勝昭(まさあき)さん

鶴巻南在住 72歳

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter