秦野版 掲載号:2016年12月24日号 エリアトップへ

3歩足のアートな鳥居 出雲大社に設置

文化

掲載号:2016年12月24日号

  • LINE
  • hatena
神社西側に設置された鳥居
神社西側に設置された鳥居

 出雲大社相模分祠(秦野市平沢1221)は、境内の西側に広がる「千年の杜」が植樹され10年になることを記念して、森の入り口にステンレス製の珍しい三本足をした鳥居のオブジェを設置した。

 この鳥居のオブジェは金属を素材に様々な作品を手掛ける芸術家、吉本義人さんの作品。素材はステンレスで、熱して赤くなったステンレス板を叩いて造形されているのが特徴。大きさは幅2mで高さ約2m30cm、作品名は「記憶としての構造」。吉本さんは「21世紀に生きる私たち人間も、古代からの暮らしの中で長い記憶の上に成り立っている。そこでこの作品は”記憶”をテーマに構成しました」と話す。

 外見上の特徴は、神社の鳥居には珍しく3本足となっていて、そのうちの1本は流れる水の中に置かれている。同神社の草山清和宮司は「湧水のあるこの森にふさわしく、水と森、そして人を表し3本の足としました。これから初詣に来られる方たちに、1人でも多く見て欲しいです」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

秦野産ジビエ 流通へ

秦野産ジビエ 流通へ 経済

ブランド化で観光資源に

7月30日号

大倉高原山の家解体へ

秦野市

大倉高原山の家解体へ 社会

トイレ設置等再整備計画

7月30日号

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter