秦野版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

県創意くふう展で特別賞 西中・大津さん 東小・野間君

教育

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
大津さんの受賞作品
大津さんの受賞作品

 県内の児童・生徒が独自のアイデアで創作した発明品を出展する、第75回神奈川県青少年創意くふう展覧会の表彰式が12月17日に横浜市で行われ、秦野市の大津安佑莉(あゆり)さん(西中学校1年)が毎日新聞社賞を、野間耕心君(東小学校5年)が神奈川産業振興センター賞を受賞した。

 (一社)神奈川県発明協会が毎年開催しており、今回は県内2249点の出展があった。各市町村長から推薦のあった代表作品から、14点が特別賞、30点が優良賞を受賞した。

 秦野市からは11点が市代表として出品された。2人のほかにも、平嶋彩さん(北小学校4年)の作品「お年よりでも楽々‼くつおきかんらん車」が優良賞を受賞した。

松葉づえ生活で不便に気づき

 大津さんの作品は松葉づえに傘を装着できる「取り付け簡単、サポートアンブレラ!」。昨年、幼少期から続けているサッカーの練習中に右足を骨折し、2〜3週間松葉づえで生活した事が発案のきっかけとなった。「両手で松葉づえを使うと雨が降っても傘を差すことができなくて、友達に手伝ってもらっていました」。

 松葉づえに傘が付けられれば…と夏休みに、ホームセンターで購入したプラスチック製の部品やラップの芯などを使い創作を開始。傘を差さないときにも装着したまま持ち運べるよう、接続部分を回転式にするなど工夫した。

 審査ではアイデアを絶賛された大津さん。今では右足も治り、相模原の女子サッカークラブチーム「ノジマステラ」の下部組織で練習に励んでいるという。

庭仕事の祖父に椅子型通信器

 野間君は昨年の神奈川県発明協会会長賞に続いての受賞。昨年受賞のお祝いに両親から欲しい物をたずねられた時も、電子回路の部品をお願いするほど「回路を考えるのが好き」。日頃からお菓子の箱等を利用してFMワイヤレスマイクやうそ発見器などを作って友達と遊んでいるのだという。

 今回の受賞作「ラクラク通信椅子、受信器」は、庭仕事をすることが多い祖父・紀之さん(76)のために制作した無線機。可動式の椅子のスイッチを押すと、家の中にいる家族へ受信器を通して声が伝わる。夏の野外で作業する祖父を気遣い、気温が上がると赤いランプが点滅する機能も付けた。「おじいちゃんがおばあちゃんを呼び過ぎないか心配」と笑って話した。
 

大津さん
大津さん
野間君の作品(左:受信器、右:椅子の裏側)
野間君の作品(左:受信器、右:椅子の裏側)
野間君
野間君

秦野版のトップニュース最新6

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook