秦野版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

「女性活躍応援サポ」第1号に 湘南車検センター社長 県認定

社会

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
本城社長と「かながわ女性の活躍応援団」ロゴ
本城社長と「かながわ女性の活躍応援団」ロゴ

 女性の活躍を応援する神奈川県の制度「かながわ女性の活躍応援サポーター」の第1号に、秦野市菩提の湘南車検センターの本城達也社長(43)が認定された。県が1月6日、発表した。

 県は2015年11月、女性の活躍推進に積極的で県とのゆかりが深い企業の男性トップと県知事による「かながわ女性の活躍応援団」を結成した。

 団員には日産自動車、横浜銀行、富士フイルムホールディングスといった大企業のトップや横浜国立大学の学長など総勢21人が名を連ねている。

 本城社長が認定された応援サポーターは、女性活躍の裾野をさらに広げるために新設された制度。応援団員とは別に、企業・団体等の男性トップが自主的に参加できる仕組みで、昨年12月に募集を開始した。

 本城社長は、情報収集のため定期的に県や関係省庁のホームページをチェックしており、その中でサポーター制度を知ったという。

 「応援団は以前から知っていて、素晴らしい取り組みだと思っていました。サポーターには、私たちの様な小規模の会社も参加できると知ってすぐに応募しました」と、参加理由を話す。

 同社の従業員数は現在5人で、うち1が女性で事務職を担当している。サポーター申請時に策定した行動計画で、2017年4月からの5年間で女性の自動車整備士を1人以上雇用する目標を掲げた。

 本城社長は「故障診断などコンピューターでできる仕事も増えている。女性ならではのコミュニケーション能力やきめ細やかな対応は、接客等に欠かせないもの」と期待を寄せている。

 県立かながわ男女共同参画センターでは「規模の小さな企業であったが、行動計画を作って女性の活躍を応援していこうと手を挙げていただいた。ほかの企業にも『私たちもやってみよう』という気持ちになってもらえれば。今後も、女性活躍の社会的ムーブメントを拡大していきたい」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook