秦野版 掲載号:2017年1月21日号 エリアトップへ

「じんじん」続編完成 文化会館で特別先行上映

文化

掲載号:2017年1月21日号

  • LINE
  • hatena
完成した映画のパンフレット(秦野市観光協会提供)
完成した映画のパンフレット(秦野市観光協会提供)

 昨年6月から秦野市を舞台に製作が進められてきた映画「じんじん〜其の二」がついに完成。一般公開に先駆け秦野市文化会館で2月24日(金)、25日(土)の2日間、完成披露特別先行上映会が開催される。

山田大樹監督が再びメガホン

 映画「じんじん」は秦野市在住の映画監督山田大樹さんが監督を務めた作品。俳優の大地康雄さんが企画と主演している。

 絵本の里北海道剣淵町を舞台に描かれた前作は、数年間かけてゆっくりと全国各地で上映会を開く「スローシネマ方式」で公開され、これまでに全国47都道府県1千カ所で約30万人が足を運んだ。今回は舞台を秦野に移し、再び山田監督がメガホンを取り、昨年6月頃から撮影が行われてきた。

2月24日・25日に完成披露特別上映

 続編となる「じんじん〜其の二〜」が完成したことを記念して2月24日(金)・25日(土)の2日間、秦野市文化会館大ホールで、完成披露特別先行上映会が開催される。時間は、24日が午後6時からで、25日が午前10時からと午後2時からの2回。入場料は1000円(小学生以下無料)。鑑賞券は市文化会館(【電話】0463・81・1211)、秦野市観光協会(【電話】0463・82・8833)で販売している。一般公開は今年春ごろになる予定。

 同作品の撮影には、たばこ祭のシーンなどにエキストラとして多くの市民が関わってきた。

 市民や企業から募った協賛金は、およそ5000万円にのぼり、製作費1億数千万円の一部に充てられた。一方で脚本の修正などもあり、完成は当初のスケジュールから遅れた。記者会見で古谷義幸市長は「途中で無理だと感じたことも正直あった」と振り返る。

森が育む人と緑と絆の物語

 今回の作品は、山下哲生(福士誠治さん)という若者が、主人公の大道芸人、立石銀三郎(大地康雄さん)と出会い、銀三郎や周囲の人たちの温もりに触れ、次第に心を開いていくというストーリー。一冊の手作りの絵本が、山下に一歩を踏み出す勇気を与える。

 秦野を舞台に親子の絆と林業を通した自然環境の保護をキーワードに、人と人とのつながりや、困難に立ち向かうことの意味を描いた作品となっている。古谷市長も「是非多くの方に鑑賞していただきたい」と話した。

大地康雄さん(中央)始めとしたキャスト陣=秦野市観光協会提供
大地康雄さん(中央)始めとしたキャスト陣=秦野市観光協会提供

秦野版のトップニュース最新6

5万人に飲食代千円返金

顔晴ろうはだのキャッシュバックキャンペーン

5万人に飲食代千円返金 経済

消費喚起策で8月20日から

7月10日号

新型コロナでICT化加速

秦野市

新型コロナでICT化加速 教育

全小・中学生にタブレット

7月10日号

小ホールを無料提供

クアーズテック秦野カルチャーホール

小ホールを無料提供 文化

7月中 無観客を条件に

7月3日号

歴史文化学ぶ博物館に

桜土手古墳展示館

歴史文化学ぶ博物館に 文化

8月1日から改修工事へ

7月3日号

老いも若きも「東Tuber(トーチューバー)」

東中学校

老いも若きも「東Tuber(トーチューバー)」 教育

教師一丸で進むICT教育

6月26日号

小中学生の悩み相談を

秦野市

小中学生の悩み相談を 教育

新たに電話窓口を開設

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク