秦野版 掲載号:2017年3月25日号 エリアトップへ

新東名高速道路 羽根トンネル貫通 地域住民らとともに式典

社会

掲載号:2017年3月25日号

  • LINE
  • hatena
樽神輿で貫通を祝った
樽神輿で貫通を祝った

 2020年度の全線開通を目指し工事が進む新東名高速道路の羽根トンネル工事現場(秦野市菩提2275付近)で3月22日、上り線貫通式が開催された。新東名の建設事業は現在、海老名南JCT〜御殿場JCTの約55Kmで進められており、同区間で計画されている約20本のトンネルのうち、羽根トンネルが最初に貫通した。

 トンネル内で行われた上り線貫通式には、古谷義幸秦野市長や議会関係者をはじめ、工事を発注する中日本高速道路(株)秦野工事事務所(立野台1の4)の長浜勲所長ら関係者、施工者の鹿島建設(株)・(株)熊谷組特定建設工事共同企業体(JV)、地元の代表者など150人以上が出席した。

 羽根トンネルは西側と東側両方から掘削作業が進められており、式典会場となったのはその貫通場所。貫通の儀(貫通掘削)を行う30秒前からカウントダウンが始まり、「掘削開始」の号令とともに東西の代表者6人がスイッチを押した。すると、用意されたテレビモニターに工事映像が流れ貫通したことを確認すると、東西を仕切っていた黒い幕が下がり大きな拍手で貫通を祝った。

 その後、盛り土がされた貫通点で清めの儀や参列者による通り初め、樽神輿の儀、鏡開きなどが行われ、トンネル掘削工事が無事に貫通したことを山の神に奉告した。

 古谷市長は「鉄路、陸路の整備なくして市の発展はない。サービスエリアやスマートインターチェンジもでき、秦野が西の玄関口になる。経済効果も大いに期待できるはず」と話した。

 長浜所長は、大きな事故がなく工事を進められたことに対する感謝を伝え、「常に安全を最優先して工事を進めてきた。これからも開通後の利用者、地域の人に喜んでもらえる道路作りをしていきたい」と抱負を述べた。

 羽根トンネルは、市内を通る新東名の本線部分にあたり、延長2・9Km。2014年8月に上り線の工事がスタートし、約2年半をかけて貫通した。今後、舗装や整備工事の発注がされ、完成は2018年度。下り線の掘削工事は現在、400mを超えたところ。
 

モニターに映った貫通時の様子
モニターに映った貫通時の様子

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

総合相談に全社協表彰

秦野市社協

総合相談に全社協表彰 社会

『きゃっち。』と基金運用に評価

1月21日号

パイプオルガンを導入

パイプオルガンを導入 文化

本町の秦野聖ルカ教会

1月21日号

秦野にもゆかりの地

鎌倉殿の13人

秦野にもゆかりの地 文化

県が特設ページで紹介

1月14日号

通年会期制を導入

秦野市議会

通年会期制を導入 政治

1月1日からスタート

1月14日号

1,669人 新たな門出

1,669人 新たな門出 社会

10日に新成人のつどい

1月7日号

1月14日から発送

65歳以上3回目接種券

1月14日から発送 社会

接種開始は2月1日

1月7日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook