秦野版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

親子で学ぶ地場野菜教室 栽培から調理まで体験

教育

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena
ブロッコリーの苗を植える参加者ら
ブロッコリーの苗を植える参加者ら

 1年を通じて野菜の栽培から調理まで体験する「親子地場産野菜教室」が、秦野市東地区の畑で4月15日からスタートした。主催は秦野市食生活改善推進団体と東地区農産物直売研究会。

 同教室は、親子で地場産野菜を育て「食」や「農」の大切さを学んでもらおうと2004年度から始まった事業。今年は市内在住の15組の親子が参加した。

 初日はブロッコリーの苗とサトイモの植え付けを実施。地元農家である東地区農産物直売研究会メンバーが、施肥することを「畑にご飯をあげましょう」と説明するなど、子どもにもわかりやすい言葉で指導し、参加した親子らは作業に取り組んだ。

 今後はトマトやスイカ、落花生やジャガイモなどを栽培し、収穫後には、市食生活改善推進団体が考えたカレーや豚汁などのメニューを作る予定。

 両親と参加した小学2年生の男の子は、「ナスを育てたい。お味噌汁にして食べたいな」とにっこり。男の子の父親は「小さい子はスーパーで並んでいる状態でしか農産物を知らないことも多いので、このように農作業を体験できるのはいい機会になる」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook