秦野版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

秦野の「いいとこ」を快走 マラニックを開催

スポーツ

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena
秦野の自然に親しむ参加者
秦野の自然に親しむ参加者

 マラソンとピクニックを合わせた造語「マラニック」。タイムを気にせず観光や景色を楽しみながら走るスポーツで、近年全国的に広まっている。4月16日、秦野市内の観光地をコースにした「第1回秦野・丹沢 い・い・と・こ エンジョイマラニック」が初開催された。

 主催者は静岡県在住の萩田博さん。萩田さんは関東圏で年に30回程マラニックを主催しており、参加者であった秦野市東田原在住の村田厚子さん(69)が「秦野にも素晴らしいスポットがあるので、ぜひ紹介してほしい」と話を持ち掛け実現。村田さんは運営協力者として、萩田さんと共に11月に試走を行うなど今企画に携わってきた。

 コースは鶴巻温泉駅を出発し、弘法山公園、はだの桜みち、震生湖、出雲大社相模分祠、カルチャーパーク、水無川河川敷、県立秦野戸川公園を巡る約27Km。参加者は30代から60代の26人で、静岡県から初めて秦野に訪れた人も多かったという。

 当日の天候は快晴。震生湖ができた経緯など地元の歴史に触れるとともに、例年より開花が遅くちょうど咲き誇っていた桜や菜の花、同日開催されていた丹沢まつりを楽しむなど、ランナーたちは秦野の「いいところ」を満喫した。終了後には村田さんの夫と息子が営む居酒屋で懇親会も開催。参加者たちは「桜並木や戸川公園のチューリップがとても奇麗で、最高のおもてなしだった」「震生湖や風の吊り橋など他には無いコースで楽しかった」など好評の声が聞かれた。

 村田さんは「桜の開花もタイミングが良く、楽しんでもらえて嬉しかった。まだまだ秦野には良い所があるので、ぜひ今後も継続していきたい」と話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter