秦野版 掲載号:2017年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

秦野写真連盟 第15回写真展で「推薦」に歴代最高齢で選ばれた 山口 博さん 菩提在住 83歳

「まぁ、やんなよ」

 ○…「7月はね、北海道に熊を撮り行くんだ」。山間地の朝夕にしか出会えない独特の空気感を求めて、全国各地へ颯爽と出かける。雪山で悴む手を温めシャッターを切ることも多い。「ほんとに寒い所だと使い切りカイロは効かない。やっぱり昔ながらのベンジンとか炭のカイロじゃないと」と笑顔で語る。

 ○…代々菩提で暮らす農家の長男として家を守ってきた。二人の子どもを育てるため、夫婦で会社員をしながら農業を続けた。「帰宅後、夜中に耕運機を動かしたこともある。苦しかったけど、昔はそれが当たり前。その時の苦労があるから、今があんだよ」。1998年からは地元の仲間と”干し柿の最高峰”と言われる枯露柿の生産に挑み、台風や大雪で被害に遭いながら奮闘してきた。完成した「はだの丹沢枯露柿」が店頭に並ぶ今も乾燥方法の改良などに余念がない。

 ○…高校時代の応援団長に始まり、自身が立ち上げた山口自動車整備工場の会長、秦野ライオンズクラブ会長、自治会や生産森林組合、財産区議員でも役員を務めてきた。「まぁ、頼まれたら断れないだけなんだけどね」。人の好さが慕われる秘訣かもしれない。

 ○…胸ポケットから出した赤いハンカチーフでスマートフォンを貫通させる手品を披露し、「どうやってるか分かんないでしょ?」とにやり。27年前、ライオンズクラブの先輩と見学に行ってから「病み付きになった」というマジックで、公民館などで観客を楽しませている。「人を浮かせちゃうイリュージョンもやるよ」と眼を輝かせる。

 ○…「まぁ、やんなよ(どうぞ召し上がれ)」。来客を自宅の縁側へ笑顔で迎え入れ、地元の言葉でお茶とお菓子を勧める。農家同士の相談や写真仲間と作品を見せ合ったりするのも、この縁側。庭先で育てる鳩をマジック仲間が借りに来ることもある。訪問客の多さが長い人生で築いてきた人脈の広さを物語っていた。

秦野版の人物風土記最新6件

あべ かずこさん

「ふたり猫展」を開くフェルト作家

あべ かずこさん

2月23日号

高橋 昌和さん

秦野市長に就任した

高橋 昌和さん

2月16日号

山口 晴美さん

創立50周年を迎えた「秦野市青少年指導員連絡協議会」の会長を務める

山口 晴美さん

2月9日号

安藤 幸一さん

柳町商店会の会長を務める

安藤 幸一さん

2月2日号

伊藤 隆弘さん

ASIAGAPを取得した「秦野いとう農園」のオーナーを務める

伊藤 隆弘さん

1月26日号

栗原 正行さん

南地区を中心に様々なまちづくり活動に取り組み続ける

栗原 正行さん

1月19日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猫のふたり展

猫のふたり展

羊毛フェルトと銅版画

2月21日~2月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク