秦野版 掲載号:2017年7月21日号 エリアトップへ

秦野市議会 議場を多目的利用 29日に初の企画

政治

掲載号:2017年7月21日号

  • LINE
  • hatena
スクリーンが設置された議場
スクリーンが設置された議場

 秦野市議会は定例会休会中の議場について、多目的利用が出来るよう基本方針を決定した。7月29日(土)には初の多目的利用となる「議場で映画上映と未来対話〜みんなでまちの未来を描くフューチャーセッション」が開催される。

 秦野市議会はこれまで「市民に開かれた議会」「市民に親しまれる議会」を実現するため、様々な取り組みを行ってきた。その一環として昨年9月定例会からは議場に150インチ大型スクリーンを導入。傍聴者もわかりやすいよう一般質問などで利用している。

 こうした資機材を有効活用すると共に、もっと何かできないかと検討していた際、議会運営委員会が視察した大阪府大東市で議場の多目的利用を実施しており、秦野市でも取り入れることにしたという。

 同委員会で6月6日、「秦野市議会議場の多目的利用に係る基本方針」を決定。議員有志が主体となって行う企画について、会期中を除き議場の多目的利用を認めることにした。同方針に基づき企画元の議員が申請、議会運営委員会で協議の上、議長が許可をする。こうした取り組みは全国的にも例は少ないという。

 7月29日には多目的利用の第1弾として、八尋伸二議員が企画元となる映画上映&未来対話を実施する。はじめに商店街の活性化をテーマにした映画『商店街な人』を鑑賞。続いて同映画を制作したNPO法人ワップフィルムのサポートにより、「誰かに伝えたくなる街」を題材に秦野の未来について地元の事業所や商店主らが語り合う未来対話が行われる。時間は午後1時から4時30分まで。

 当日は先着順で、一般市民も議場の傍聴席から見学が可能(参加無料)。八尋議員は「地域の人が考えるまちづくりのきっかけになれば」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

善波川で生き物採集

鶴巻小5年2組

善波川で生き物採集 教育

ビオトープづくり目標に

10月23日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月23日号

イオンで神奈川再発見

イオンで神奈川再発見 経済

県と共催 10月18日まで

10月16日号

ジビエでおもてなし

ジビエでおもてなし 社会

鶴巻温泉・大山間のバス運行

10月16日号

ワークステーション開始

秦野市の救急拠点

ワークステーション開始 社会

秦野赤十字で10月12日から

10月9日号

2部制で開催へ

2021年成人式

2部制で開催へ 文化

コロナ対応でライブ配信も

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク