秦野版 掲載号:2017年7月28日号 エリアトップへ

五十嵐商店と大日堂登録へ 国登録有形文化財として

文化

掲載号:2017年7月28日号

  • LINE
  • hatena
五十嵐商店
五十嵐商店

 国の文化審議会は7月21日、新たに全国245件の建造物を登録有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申した。この中で秦野市から「五十嵐商店店舗兼主屋ほか倉庫4棟」と、「蓑毛大日堂ほか3棟」が登録対象となった。

 文化財登録制度は1996年に創設されたもの。そのうち登録有形文化財(建造物)は、50年を経過した歴史的建造物のうち、国土の歴史的景観に寄与しているもの、造形の規範となっているもの、再現することが容易でないものという要件がある。

 本町2丁目の五十嵐商店店舗兼主屋ほか倉庫4棟は、1923年から1937年頃にかけて建設された。店舗兼主屋は、木造3階建のモルタル洗出し。柱型や柱頭飾に意匠を凝らし、古典様式風の外観で親しまれてきた。関東大震災後、秦野の商業地の中心だった本町四ツ角周辺では、復興の象徴として西洋古典様式やアールデコ様式などの影響を受けた建物が多く建築された歴史があり、同建物はそうした建築物の一つ。昭和初期の荒物・雑貨・乾物商の様子をよくとどめる。

 一方蓑毛の宝蓮寺の大日堂と同仁王門、同地蔵堂、同不動堂の4件も登録対象に選定された。大日堂は1729年(享保14年)に建築された近世寺院。組物を尾垂木付二手先とし、向拝の手狭彫刻を牡丹とするなど華やかに飾る。地蔵堂は細部の意匠に18世紀前半の特徴を見せ、仁王門には市指定有形文化財の二王像が安置されている。

 秦野市では今年6月、「宇山商事店舗兼主屋」が建造物として登録、「曽屋水道」が登録記念物として答申されていて、今回で市内の登録有形文化財は13件となる。市生涯学習文化振興課では、「こうした文化財を活用する取り組みについて、今後検討してきたい」と話している。

大日堂
大日堂

秦野版のトップニュース最新6

善波川で生き物採集

鶴巻小5年2組

善波川で生き物採集 教育

ビオトープづくり目標に

10月23日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月23日号

イオンで神奈川再発見

イオンで神奈川再発見 経済

県と共催 10月18日まで

10月16日号

ジビエでおもてなし

ジビエでおもてなし 社会

鶴巻温泉・大山間のバス運行

10月16日号

ワークステーション開始

秦野市の救急拠点

ワークステーション開始 社会

秦野赤十字で10月12日から

10月9日号

2部制で開催へ

2021年成人式

2部制で開催へ 文化

コロナ対応でライブ配信も

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

貴重な文化財特別公開

はだの大日堂保存会

貴重な文化財特別公開

11月1日~11月3日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク