秦野版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

「殺処分ゼロ」の現状知って 県動物保護センターで見学会

社会

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
神奈川県動物保護センターのふれあい動物ひろば。センターで暮らす犬が見学者の膝に乗ってきた
神奈川県動物保護センターのふれあい動物ひろば。センターで暮らす犬が見学者の膝に乗ってきた

 秦野市の中心地から車で15分ほどの場所にある、神奈川県動物保護センター(平塚市土屋401)には県内28市町村から飼い主がいない動物が運ばれてくる。県内で「殺処分ゼロ」が話題になる中、その裏では秦野市内のボランティア団体などがシャンプーやしつけを行い里親への譲渡に向け活動を続けている。

 県では2013年度からこれまで犬の殺処分はゼロ、2014年度からは猫の殺処分もないという。県の条例などで殺処分を禁止したわけではないため、岩屋修業務課長は「ボランティアが引き取れないほど多くの動物が運ばれるようになったら、殺処分せざるを得ない」と話す。

 同センターには69のボランティア団体・個人が出入りし、一般向けの見学会も開いてきた。8月21日には秦野市や近隣で活動する「いぬ・ねこ笑顔の会(内蔵成(くらなり)美佳代表)」ら4団体が主催する見学会が開かれた。県内から譲渡を希望する家族など36人が参加し、動物が保護されている部屋や犬の殺処分が行われていた処分室、慰霊碑を見学。ふれあい動物ひろばではセンターで暮らす犬と参加者が触れ合う場面もあった。内蔵成代表は「センターでは避妊・去勢手術はするが病気の治療はできない。殺処分されないというだけで人に裏切られた動物が幸せなのか現状を見て考えてほしい」と語りかけた。

 小学生の子どもと参加した保護者らは「処分室を初めて見て衝撃的で、悲しかった」「すごく可愛い犬がいて目があったので、譲渡を真剣にお願いしたいと思う」と感想を話した。

 同センターには犬や猫以外にもウサギや鶏、イエバトなどが持ち込まれる。飼い主が見つからないまま殺処分されることも多く、2016年度にはミドリガメなど50匹の動物が殺処分された。また、カメレオンやハリネズミなどの珍しい動物は職員が飼い慣れていないため、飼育中に死んでしまうこともあるという。

 見学は随時募集中。【URL】http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f80192/に見学会の予定が掲載されている。

犬を殺処分していた処分室を見学する参加者
犬を殺処分していた処分室を見学する参加者

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

名古木でマルシェ

沖縄戦通じ歴史を再考

沖縄戦通じ歴史を再考 文化

平和を考えるフォーラム

5月13日号

100人が生演奏を堪能

100人が生演奏を堪能 社会

プロと中学生がセッション

5月13日号

登山初心者向け教室開催

登山初心者向け教室開催 社会

地図とコンパスを学ぶ

5月13日号

端午と桃の節句がコラボ

五十嵐商店

端午と桃の節句がコラボ 文化

大正レトロな空間に展示

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

  • 新年度当初予算が成立‼

    コロナ対策に重点を置き「地域再生」を目指す 県議会報告㉘

    新年度当初予算が成立‼

    神奈川県議会議員 神倉ひろあき

    5月6日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第2回・暴走族になり、高校は退学へ

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook