秦野版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

児童館を自治会に譲渡 新沼代自治会館として地域の拠点に

社会

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
古谷市長から目録を受け取る高橋会長(左)
古谷市長から目録を受け取る高橋会長(左)

 秦野市から沼代自治会連合会(高橋廣行会長)へ9月1日付けで無償譲渡される沼代児童館。それに先立ち、8月19日に同館で記念式典が開かれ、古谷義幸市長から高橋会長へ目録が手渡された。同館は、「新・沼代自治会館」として、自治会館と児童館両方の役割を持つ新たな施設として利用される。

 秦野市は、今後迫りくる公共施設の更新問題に対し市内にある270を超える施設全てを維持し続けることは不可能と判断。そのため公共施設再配置に関する計画をまとめ、今後40年間を10年間ずつに区切り第1から4ステージを設定し方針を立て、児童館等を自治会に委譲することを打ち出した。

 同連合会がこれまで使用してきた旧沼代自治会館は、築70年以上が経過し老朽化のため建て替えが急務となったが、借地で狭く駐車場の確保が出来ないなどで進まなかった。周辺地域の公民館を借りるなどしてサークル活動を続けていく中、市が進める公共施設再配置計画で近くにある児童館の移譲を知り同連合会が手を挙げ今回の無償譲渡となった。昨年、鈴張町の老人いこいの家「すずはり荘」が自治会に無償譲渡されたのが最初で今回が2施設目となる。

 新・沼代自治会館は木造2階建て。1階は児童厚生員を配置し引き続き児童館としての役割を継続、2階は自治会館としてサークル活動などに使われる。式典で古谷市長は「新たな拠点として、地域に密着した施設として利用してほしい」と集まった地域住民に呼びかけた。高橋会長は「約3年間市の担当課と話し合いを進め今回に至ったことをうれしく思う」と感謝を述べた。

 市の公共施設マネジメント課は今回の譲渡で、今後20年間に2870万円の削減効果が期待されると試算している。「地域の人達の協力は不可欠。今回の事例をシンボル事業として位置づけ、他の児童館や老人いこいの家など今後地域への移譲を進めていければ」と同課では話している。

秦野版のトップニュース最新6

学びのプロジェクト始動

秦野市

学びのプロジェクト始動 教育

埼玉県教委と協定結び

4月23日号

窓口独立し本格稼働

地域共生支援センター

窓口独立し本格稼働 政治

保健福祉センター内に開所

4月23日号

「歴史の門」完成

西小学校

「歴史の門」完成 教育

101年目の入学式でお披露目

4月16日号

南矢名交番が統合へ

南矢名交番が統合へ 社会

来年3月までに

4月16日号

久保寺邦夫政経塾が発足

久保寺邦夫政経塾が発足 経済

共に学び「秦野を元気に」

4月9日号

親子でヘアドネーション

上大槻山嵜さん

親子でヘアドネーション 社会

「医療用ウィッグに役立てて」

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春のスペシャルオリエンテーリング

【Web限定記事】自然観察施設くずはの家

春のスペシャルオリエンテーリング

4月29日~4月29日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter