秦野版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

夏休みの宿題をサポート 東海大生が外国に縁のある子どもへ

教育

中学生に宿題を教える東海大生
中学生に宿題を教える東海大生
 秦野市立南公民館で外国につながりがある子どもたちを対象に「夏休み宿題サポートプロジェクト」が8月23・24日に実施された。

 このプロジェクトは、海外から移住してきたり、保護者が外国人である子どもたちを対象に、夏休みの宿題を支援しようと東海大学の学生ボランティアTICCが企画したもの。毎年8月に実施されており、今回は幼児から中学生までが参加した。

 TICCとは、同大の留学生や大学周辺に住む外国につながりのある人を対象に活動を行う、国際ボランティアプロジェクト。「にこティー教室」として夏休み以外も学習支援を実施している。

 漢字を見て「これ見たことあるんだよなぁ」と話す児童に学生がヒントを与えるなど楽しい雰囲気で行われていた。にこティー教室の内山真緒代表(同大2年)は「宿題を出す習慣がない文化圏にルーツがある子も多いので宿題を出す大切さを伝えながら勉強をサポートしていきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猫のふたり展

猫のふたり展

羊毛フェルトと銅版画

2月21日~2月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク