秦野版 掲載号:2017年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

訓練 「消火はまかせて」 本町・学童保育で防災訓練

教育

消防署員の合図で的に放水する児童たち
消防署員の合図で的に放水する児童たち
 秦野市本町の学童保育はだのキッズで8月23日に防災訓練が行われ、児童約50人が参加した。今回は、初めて秦野市消防署の署員2人が招かれた。

 児童たちは毛布を煙に見立て低い姿勢で潜り抜ける訓練を行った後、消火器を体験。「消火器初めて見た!すげぇ」と大興奮の中、消防署員から「火事を発見したら、まずは先生に消火器の場所を教えてあげてね」と教わった。

 消防署は年に1〜2回程度、企業や自治会などから要請を受け、このような防災訓練に出向いているという。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猫のふたり展

猫のふたり展

羊毛フェルトと銅版画

2月21日~2月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク