秦野版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

U12県央少年サッカー大会 39年ぶり 大根SCが優勝

スポーツ

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena
トロフィーを持つ大根SCのメンバー
トロフィーを持つ大根SCのメンバー

 読売新聞社杯争奪県央少年サッカー大会が10月8日、15日に行われ、創立40年を迎えた大根サッカークラブ(大根ラディッシュ、田山光春監督)が優勝した。大根SCが同大会で優勝するのは39年ぶり。

 同大会は、県央地区(相模原、大和、座間、海老名、綾瀬、厚木、伊勢原、秦野)から100チーム以上がエントリー。各市内でリーグ戦による予選が行われ、大根SCは11試合全戦全勝で1位通過した。

 本戦には各地区の予選を勝ち抜いた32チームが出場。大根SCは、10人いる6年団員のうち2人が運動会で欠席したため、5年生から助っ人を連れての出場だった。「気合がみなぎっていた」という初戦。海老名FCを2―0で下し波に乗り、続く桜丘SCを4―0で撃破。3試合目となるパッセSC戦でも巧みなボール運びで得点を重ね、準決勝へ駒を進めた。

 準決勝、決勝が行われた15日は朝から土砂降り。泥だらけになりながら重いボールを追いかけ、PKの末SFATを破り決勝進出を決めた。決勝は同大会では初の秦野対決。相手は好敵手の秦野FC。前半を両チーム無得点で折り返すと、後半にキャプテンの桾澤(ぐみざわ)琢(たか)太(と)君が2点先取し、終了間際に1点返されるもののそのまま優勝を勝ち取った。選手たちは「勝つ気ではいたけど優勝できるとは思っていなかったので、嬉しかった」と笑顔を見せた。

 大根SCは1977年に設立。大根小や鶴巻小などで週4日練習をしている。卒団を控えた6年生のほとんどはクラブチームに内定しているといい、同SCヘッドコーチの山口剛さんは「これからも努力を忘れず出会いに感謝して、謙虚な心でサッカー人生を歩んでほしい」とエールを送った。

秦野版のローカルニュース最新6

シーズン迎え山の交番開所

シーズン迎え山の交番開所 社会

12月上旬まで遭難者対応の拠点

4月9日号

2人1団体が防犯功労

2人1団体が防犯功労 社会

秦野警察署で伝達式

4月9日号

ランドセルカバーを寄贈

ランドセルカバーを寄贈 社会

交安協 新入学児の安全願い

4月9日号

障害者施設の作品即売会

障害者施設の作品即売会 社会

4月11日 イオンSC

4月9日号

接種券発送はじまる

新型コロナワクチン

接種券発送はじまる 社会

4月9日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の星空教室

春の星空教室

4月17日 南が丘公民館

4月17日~4月17日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク