秦野版 掲載号:2017年10月27日号 エリアトップへ

東海大学湘南キャンパス『第63回建学祭』の実行委員長を務める 辰巳 勇貴さん 法学部法律学科4年

掲載号:2017年10月27日号

  • LINE
  • hatena

ピース繋ぎ合わせ大きな絵に

 ○…入学時に友人に誘われて何気なく入った建学祭実行委員会。以来、どっぷりと浸かり、昨年は実行部隊の長も務めた。約60人のメンバーから推薦指名を受け、委員長として満を持して先頭に立つ。委員長として気をつけていることは、自分から口を出すのではなく、後ろでどっしり待っていること。「一番上がわちゃわちゃしていると皆も不安になると思うから」。しかし、昨年第一線で建学祭を動かしてきた経験をもとに、ミスが起きないよう目を配り、それとなく注意を促すことも忘れない。

 ○…当日の目玉は、と問えば「学生の企画と模擬店すべて」と断言。学生が作り上げるバラエティに富んだ催しが建学祭を形作っている。11月1日から3日までの期間中毎日行われるコンサート、フィナーレを飾る2000発の花火も注目のイベントだ。「近隣のみなさんには協力をいただき、感謝しています」と話す。

 ○…横浜市泉区出身。心理学を学びたいと、心理学の講義を取れる東海大学へ進学した。昔から人と関わることが好きだったが「委員会に入っていなかったら地域の方々や他の学部の人と話す機会もなかったと思う。新しい関係を築けたのは良かった」と4年間の委員会活動で得たつながりを大切にする。持久力はある方で、体力づくりとしてランニングすることもしばしば。「景色が変わっていくのが好き」なのだそうだ。警察官志望で、建学祭後には試験も控えている。「将来どの道に進んでも、人と関わることをずっとやっていきたい」と笑顔で話す。

 ○…今年のテーマは『Puzzle』。学生がひとつひとつ準備を進めてきたピースがつながり、いよいよ『建学祭』という大きな絵が全容を現そうとしている。「大変だし辛いこともあるけど、他の大学に負けない魅力があると思う。どんな面白いことをやっているのか、遊びに来てほしい」。自信作のお目見えは、もうすぐだ。

秦野版の人物風土記最新6

上杉 吉昭さん

秦野市の風景をテーマに油彩画の個展を開催している

上杉 吉昭さん

松原町在住 85歳

4月9日号

高田 賢治さん

スクールサポーターとして市内の小学生などの見守り活動を続けている

高田 賢治さん

70歳

4月2日号

岡田 ユキオさん

活動5周年の作品展を行う「水彩スケッチ四季」の講師を務める

岡田 ユキオさん

羽根在住 66歳

3月26日号

佐野 友保さん

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟の専務理事を務める

佐野 友保さん

今泉在住 74歳

3月19日号

宮戸 美晴さん

若手フルート奏者として活躍する

宮戸 美晴さん

尾尻在住 25歳

3月12日号

吉田 トシ子さん

女性視点での防災を普及する「なでしこ防災ネット」の代表を務める

吉田 トシ子さん

沼代新町在住 71歳

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春の星空教室

春の星空教室

4月17日 南が丘公民館

4月17日~4月17日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク