秦野版 掲載号:2017年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

島半が平沢に商業ビル  来年1月造成工事着工へ

経済

 (株)島半(本社=秦野市鈴張町5の30、鈴木子守氏代表)が、国道246沿いの約2000坪の土地(平沢字久保頭530の1外)に、2018年1月から造成工事を始める計画があることが分かった。

 場所は同社の複合商業施設・島半コンボックスから松田方面に約100メートル進んだ左側で、農地や宅地、雑種地などになっているところ。数名の土地所有者から島半が借り受け、再開発を進めていくもの。土地は国道より低くなっているため、盛土をして造成工事を行った後に、島半94ビル(仮称)を建設する予定。

 計画によると島半94ビルは物販中心の商業施設で、建築面積は4209平方メートル。地上1階、鉄骨造りの平屋建てで屋上に駐車場を配置する。

2019年春オープン目指す

 同社では「この計画は、土地所有者様と共同で長年にわたり取り組んできた事業です。現在、市と環境創出行為事前協議や都市計画法、建築基準法などの協議を進めさせていただいています。商業ビルは2019年春のオープンを目指しています。新施設が地域の活性化につながっていけば嬉しい」と話している。

 島半は1877年(明治10年)創業。今年で創業140周年を迎えている。 

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク