秦野版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

フラワーコンテストで活躍 市内2人が入賞

社会

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
作品を制作する飯野さん
作品を制作する飯野さん

 秦野市内フラワーショップの従業員が10月から11月にかけて行われたさまざまなコンテスト・コンクールで入賞を果たした。

フローリストせきど飯野正永さん

 フローリストせきど(柳町)の飯野正永さん(36)は10月21日・22日に横浜で行われた「第9回フラワーデザインコンテストクイーンズカップ」に出場。フレッシュフラワー部門で花キューピット協同組合会長賞を受賞した。クイーンズカップのテーマは”GAP”。既成概念を覆す竹の使い方で作品作りを行ったことが評価された。

 また、ジャパンカップ神奈川予選も同時に行われ、こちらは「秋の円窓」がテーマ。まっすぐな枝ぶりの苔梅を一度分解、円を描くように作り直して日本建築にある円窓から見える秋の風景をめざしたという。今回の入賞について飯野さんは「神奈川県代表として精一杯頑張りたい。昨年は全国の決勝ステージまで上がれたので、今年もその舞台をめざします」と話した。

加藤生花店高橋里江さん

 加藤生花店(本町)の高橋里江さん(40)は、11月11日に行われた神奈川県技能士会連合会ほか主催の「第49回技能コンクール」に出場。フラワー装飾部門で2位を獲得した。

 同競技は花束、ブーケ、アレンジメントをその場にある花材や資材で制限時間内に作成するもので、当日まで詳細が分からなかったという。高橋さんがその場で作品を作るコンクールに出場するのは今回が初。「何も分からないことでかえって肩の力が抜けた」と話す。優しさや温かさがテーマとなっていたため、4児の母である自身の経験を踏まえ、子に対する母の温かさを色や形で表現した。「今回の受賞で、技能を持っている人のひとりに加われたということが幸せ」。作成したブーケは加藤生花店の店頭に飾ってあり、「お客様が写真を撮ったり、声をかけていただけて嬉しい」と話した。

 クイーンズカップ、ジャパンカップ予選の作品
 クイーンズカップ、ジャパンカップ予選の作品
展示中のブーケとメダルを掲げる高橋さん
展示中のブーケとメダルを掲げる高橋さん
当日、制作した作品
当日、制作した作品

秦野版のローカルニュース最新6

1年の成果を総会で報告

1年の成果を総会で報告 社会

秦野住みよいまちづくり

6月24日号

安全運転意識向上へ

秦野自動車教習所

安全運転意識向上へ 社会

市職員に講習会

6月24日号

市長動向

市長動向 政治

6月13日〜19日

6月24日号

市の魅力SNSで発信

市の魅力SNSで発信 社会

市とスルガ銀行が協定

6月24日号

さわやかマスターになろう

さわやかマスターになろう スポーツ

養成講座の受講者募集

6月24日号

6月29日はランチタイムコンサート

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook