秦野版 掲載号:2017年12月1日号 エリアトップへ

「第30回実朝まつり」で実行委員会会長を務めた 高橋 正弘さん 名古木在住 71歳

掲載号:2017年12月1日号

  • LINE
  • hatena

感謝の気持ちを大切に

 ○…第30回の節目の会長。「ポスターなども手作りで、皆で協力し合って進めてきた。無事に終わりほっとしている」と柔らかな表情に。前日には役員をはじめ約150人が御公首の前で祈願したという。朝降った雨も実朝公800回忌の法要が始まる頃には小雨となり、昼には青空が見え出した。本番にむけての特別事業の準備を2年ほど前から進めてきた。特設ステージの雅楽演奏、紙芝居、鎌倉の友好団体の招待など、地域が一丸となって企画し取り組む。「住民が実朝公をご供養させていただくことで、実朝公に地域の子どもの成長や家内安全を見守ってもらっている。東地区最大のまつりは地域の絆を深めて、防犯活動などにもつながっている」

 ○…生まれは本町。東地区には結婚を機に住むことに。「緑が多くて文化的。宝物といえる史跡や神社仏閣などに恵まれており、田園風景がいいね」と地域の良さを紹介する。子どもが小さい頃には、PTAや子ども会の役員などを務めた。スポーツは卓球を学生時代から続け、現市卓球協会副会長。55歳から始めた書道は62歳頃に師範を取得。

 ○…市役所を定年退職してからは無農薬の野菜づくりに挑戦を。美味安全野菜栽培士の資格を取得し、本格的に勉強を始めた。年間に数多の野菜を栽培し、多く採れたときは直売所へ出荷することも。漬物づくりにも力を入れ、なかでも大根のたくあんは自信作だ。

 ○…自治会の活動を始めたのは遅かったという。3年前に上原自治会長に就任。併せて東地区自治会連合会会長を務め、東地区まちづくり委員会の会長も務める。「感謝」の言葉が好き。今後は長寿社会を見据えて、人と人が支え合って生きることを大切に「青空サロンや空き家サロンを1単位自治会など身近な場所につくっていきたい」と言葉が熱い。「東地区の良さを紹介する地区別の散策マップなども皆で検討していきたい」と夢は広がる。

秦野版の人物風土記最新6

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook