秦野版 掲載号:2017年12月29日号 エリアトップへ

新春に2会場で浮世絵展 図書館ギャラリーと宮永美術館で

文化

掲載号:2017年12月29日号

  • LINE
  • hatena
『坂東しうかの召仕お千代』
『坂東しうかの召仕お千代』

 秦野市が所蔵する浮世絵を広く紹介しようと、新春に市内2会場で浮世絵展が開かれる。これまで市立宮永岳彦記念美術館市民ギャラリーで新春の展示が行われてきたが、2会場で同時に展示されるのは初めて。

 市では1998年に東田原出身の収集家、故・大津圓子さんから市に寄贈された1904点を所蔵しており、文化会館や同美術館で年に1回程度、浮世絵展を開催してきた。しかし、所蔵の半数程度しか展示できていなかったことから、展示の機会を増やすため、今年11月に市立図書館2階に常設の「はだの浮世絵ギャラリー」を創設。12月28日に終了した初回の展示に続き、同ギャラリーでも新春の展示を行うこととなった。

 市立図書館「はだの浮世絵ギャラリー」では1月6日(土)から2月25日(日)、「江戸の暦と四季折々の暮らし」を開催。歌川国貞『暦中段つくし 意勢固世身見立十二直』など、江戸の人々が使っていた暦と日々の暮らしを、四季折々の浮世絵28点で紹介する。午前9時から午後7時(火曜・祝日は5時まで)。月曜(祝日の場合は翌平日)と1月26日(金)、2月23日(金)は休み。



干支「戌」の浮世絵

 宮永岳彦記念美術館市民ギャラリーでは「戌年と干支にちなんだ浮世絵」が開かれる。展示期間は新年1月3日(水)から8日(月・祝)まで(4日(木)は休館)。全35点。午前10時から午後5時まで。

 同美術館でのテーマは、2018年の干支「戌」にちなんだもの。歌川国芳の浮世絵『坂東しうかの召仕お千代』など犬が描かれたものや、犬が物語の重要な役割を持つ『南総里見八犬伝』の浮世絵などを展示。ほかにも、十二支の動物が描かれた作品も紹介されるという。

 展示はどちらも入場無料。問い合わせは市生涯学習文化振興課【電話】0463・84・2792へ。同課では「新春にふさわしい浮世絵です。ぜひ来場を」と呼び掛けている。

『暦中段つくし 意勢固世身見立十二直 取 極月の餅搗』
『暦中段つくし 意勢固世身見立十二直 取 極月の餅搗』

秦野版のトップニュース最新6

東京‒大倉間で登山バス運行

東京‒大倉間で登山バス運行 経済

新東名活用路線の需要検証

9月17日号

"生涯現役"を支援

秦野市

"生涯現役"を支援 社会

フルライフはだの本格始動

9月17日号

日本七大珍種蜘蛛を発見

日本七大珍種蜘蛛を発見 社会

くずはの家 高橋所長

9月10日号

クーポン事業再び

秦野市

クーポン事業再び 政治

補正予算2億5千万円計上

9月10日号

市内商店 祭盛り上げ

秦野たばこ祭

市内商店 祭盛り上げ 社会

インスタで写真募集も

9月3日号

代々伝わる湧水 電力に

平沢在住和田大さん

代々伝わる湧水 電力に 社会

自宅裏に手製の水力発電

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

富士の巨樹と森の四季

富士の巨樹と森の四季

吉田嗣郎さん写真展

9月23日~9月26日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook