秦野版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

上小で初のそば打ち体験 「簡単そうで難しい」

教育

麺棒を使って丁寧に延ばしていく児童
麺棒を使って丁寧に延ばしていく児童
 秦野市立上小学校(市川知代校長)で昨年12月21日、6年生12人を対象とした初の「ふるさと料理教室〜手打ちそば編〜」が開催された。

 食育の一環で、そば粉はJAはだの上支所運営委員会の会員らが上地区の遊休地で育てたものが提供され、JAはだの女性部の部員らが指導にあたった。

 子どもたちは当日、そば粉と小麦粉をこね鉢に入れて指先で混ぜるところからスタート。水まわしやこねる作業、麺棒で生地を延ばし、切るところまで、全て自分たちの手で行った。その傍らで、かき揚げが人数分揚げられ、子どもたちは茹で上がったそばとかき揚げを「美味しい」と笑顔で頬張っていた。

 「簡単そうに見えて難しかった」と感想を述べる児童が多く、市川校長は「手間を掛けて作る喜びを児童が知る大変貴重な機会になり、大変感謝しています」と話した。

完成したそば
完成したそば

運転免許ならハダジ!

普通自動車も、バイク(大型・普通)も丁寧に指導。Tポイントも進呈中!

http://www.hadano-ds.co.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

冬の野鳥観察会

冬の野鳥観察会

1月27日 くずはの家

1月27日~1月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク