秦野版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

フィンスイミング日本選手権 ジュニア日本記録を更新 佐藤さん(南が丘中)、内藤さん(東中)

スポーツ

 神奈中スイミング秦野校に所属する佐藤智遥(ちはる)さん(南が丘中2年)と内藤瑞稀さん(東中1年)は昨年12月、千葉県国際総合水泳場で行われた第26回フィンスイミング短水路日本選手権大会ジュニアの部でそれぞれジュニア日本記録を出した。2人は5月にも別の種目で記録を更新するなど調子は上がっていた。指導にあたっている同スイミングの鈴木聡コーチは「2人とも力を伸ばしてきており、結果に表れた。今後はカテゴリーがユースに上がる。ユースでは強豪が揃うため、厳しい戦いになると思うが2人とも実力はあるので十分期待できる」と話した。

佐藤智遥さん

 25mの「サーフィス」(10秒18)と「アプニア」(9秒71)でジュニア日本記録をマークした。サーフィスは腕を伸ばしシュノーケルを付けて水面で泳ぐ競技。アプニアは潜水で息継ぎなしで泳ぐ競技だ。アプニアの時は体感ではやや遅いと感じていたという。「記録は狙えないと思ったが、更新していたので嬉しかった」。サーフィスでは勢いもあり、「コンディションも良かったので結果が出てよかった」と笑顔を見せた。

内藤瑞稀さん

 フィンを2枚付けて泳ぐ200mの「CMASビーフィン」で順位は2位だったが(2分5秒48)でジュニア日本記録を上回る記録を出した。レース前にコーチから「ジュニア最後のレースだから思いっきり行けと言われその気持ちで泳いだ。コンディションが良かったので記録が出せてよかった」と振り返った。今後は「ユースに上がってからも記録が出せるように頑張りたい」と目標を話した。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野の水表現し、奨励賞

よさこいチーム「湘南一道麗(しょうなんいちどうれい)」

秦野の水表現し、奨励賞

7月13日号

森本さんが県大会優勝

詩吟の神風流

森本さんが県大会優勝

7月13日号

「ベストな状態で臨んで」

県消防操法大会

「ベストな状態で臨んで」

7月13日号

相続や税金などの不安解消

歌や踊りで元気に

そば打ちを体験

そば打ちを体験

7月13日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市内の広告アートが集う

市内の広告アートが集う

桜土手古墳展示館で

6月30日~7月22日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク