秦野版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

創立70周年を祝う 秦野伊勢原歯科医師会

社会

 一般社団法人秦野伊勢原歯科医師会(新倉良一会長/112人)は2月3日、創立70周年を記念した祝賀会を鶴巻温泉の『元湯 陣屋』で開催した。当日は会員ら約80人が出席。永年在籍表彰や歴代会長への感謝状贈呈などが行われ、地域の歯科医療の更なる発展と寄与に向けて心をひとつに活動することを誓った。

 秦野伊勢原歯科医師会は1947年11月に前身となる中郡歯科医師会として発足。両市の市制施行などによる名称変更を経て1971年に現在の秦野伊勢原歯科医師会に。2013年には一般社団法人となった。現在の会員は秦野市68人、伊勢原市が44人。

 祝賀会の冒頭、新倉会長は「70年という長きにわたり、先輩方が築いてきた実績と貢献に感謝しています。歯科医師会は地域に根差した活動が大切。これからの高齢化社会に向け、協力して地域社会に貢献していきたい」とあいさつ。来賓を代表し(一社)神奈川県歯科医師会の鈴木駿介会長は「70周年おめでとうございます。築き上げた信頼関係を地域の包括ケアに活かして頑張っていただければ」と祝辞を述べた。

 式では、在籍60年以上の山田金伍氏(山田歯科医院/秦野市柳町)をはじめ、40年以上の永年在籍会員20人に表彰状、過去10年の歴代会長に感謝状を贈呈。新人会員の紹介、餅つきや余興も行われ、会員らは更なる協力体制を進めるため親睦を深めた。

「お口の健康守ります」

 同歯科医師会は「歯は健康の源。市民のお口の健康を守ります」を合言葉に、乳幼児歯科健診をはじめ、学校歯科健診、訪問口腔衛生指導などを実施。毎年6月の「歯と口の健康週間」には、両市で未就学児のフッ化物塗布や口腔ケア講演会、歯科相談などを行っている。また1988年に秦野市、97年に伊勢原市で休日歯科診療所を開設し、年末年始も含めて会員が輪番制で歯科診療を行っている。近年では自宅療養者等を対象とした「秦野伊勢原在宅歯科医療連携室」を設置するなど訪問歯科診療にも力を入れ、健康寿命増進に向けた活動を続けている。

秦野版のローカルニュース最新6件

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク