秦野版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

本町小児童が昔話を紹介 図書館にカードを展示

教育

図書館に置かれている紹介カード
図書館に置かれている紹介カード
 秦野市立図書館に本町小学校2年の児童が作った昔話を紹介するカードが置かれている。

 カードは、話の登場人物について考えるとともに話の面白さを見つけ、最終的に友達や親、他の人に紹介するまでの過程を学ぶ授業で作られたもの。本に親しむきっかけづくりと、発信する方法を習得するのが狙い。図書館とは課外授業などで交流があることもあり、発信する場として協力を得て今回の展示が実現した。

 紹介文とともに展示されている本は「かさこじぞう」、「さんねんねたろう」、「ふしぎなたいこ」、「ももたろう」、「やまんばのにしき」など。児童が描いた絵や紹介文が置かれており自由に閲覧できる。本町小学校の松岡文宏教諭は「児童にとって昔話は難しいところがある。このような授業を通して理解を深めてもらうとともに人に伝えるためにどうしたら良いのかという点も学んでもらえたら」と話している。展示は2月末まで。問い合わせは、秦野市立図書館【電話】0463・81・7012へ。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク