秦野版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

(PR)

多くの人の力で復旧を担う 災害ボランティアセンターの設置訓練

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
ボランティア受付の様子
ボランティア受付の様子

 地震や水害などの自然災害が発生した時、被災地の復旧・復興の大きな原動力になっている災害ボランティア。そのボランティア活動を円滑に進めるための組織「災害ボランティアセンター」は被災地では重要な拠点となる。

 秦野市社会福祉協議会は「災害ボランティアセンター設置・運営訓練」を2月18日、秦野市保健福祉センターで行った。今年は初めて秦野スカウト会も運営スタッフとして参加した。

 訓練は、秦野市で災害が起こった時に備えるためであると同時に、市民に災害ボランティアとして参加してもらい、その役割を広く知ってもらう狙いがある。東日本大震災の教訓から、同協議会のある保健福祉センターに災害ボランティアセンターを設置場所にしてから今年で5回目の訓練となる。

 訓練は、都心南部を震源域とするマグニチュード7・3の地震発生を想定し行われた。当日は、市民を始め、行政、各種活動団体のほか、地元緑町自治会などから155人が参加した。参加者はボランティアの登録・求人・派遣の手続き、そして帰着までの流れを確認しながら実際に行った。初めて参加したという女性は「地震は突然発生する。いざという時、自分がその立場になったとき、慌てずに役立てられるようこの訓練で学びたい」と話した。

復旧を早く進めるためにも欠かせない機関

 被災地の早期復旧には、多くのボランティアが必要となり、ボランティアをまとめる災害ボランティアセンターの存在は欠かせない。センターの運営を主に担う秦野市社会福祉協議会の役割は大きい。

秦野市社会福祉協議会

秦野市緑町16-3(秦野市保健福祉センター1階)

TEL:0463-84-7711
FAX:0463-85-1302

https://www.vnhadano.com/

秦野版のピックアップ(PR)最新6

小児科の外来診療が充実

秦野赤十字病院

小児科の外来診療が充実

常勤医師が3名体制に

4月16日号

体の健康は「お口」から

歯科

体の健康は「お口」から

土日も診療

4月16日号

国産時計買い取ります

査定・出張無料の買取わかば

国産時計買い取ります

セイコー/シチズンなど

4月16日号

健康は良い「眠り」から

眠 り

健康は良い「眠り」から

4月16日号

工場建築「システム構法」の利点

施主に聞く

工場建築「システム構法」の利点

(株)門倉組新ブランド「ワイズ」

4月16日号

感染症予防徹底し営業中

秦野自動車教習所

感染症予防徹底し営業中

キャンセル情報はツイッターで発信

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter