秦野版 掲載号:2018年3月9日号
  • LINE
  • hatena

生演奏をバッグに華麗なダンスを披露

文化

昭和のダンスホールにタイムスリップ

 社交ダンススタジオ「ハンドtoハンド」(東海大学前駅・タウンニュースビル)で3月4日、生演奏によるダンスパーティが開かれ、参加者は会場に響く演奏に合わせてダンスを楽しんだ。同ダンススタジオオーナーの斉藤ケンさんは、登山者や忍者の恰好で踊るなど、社交ダンスを独自の視点から演出し、参加者を楽しませている。今回は昭和時代に流行ったダンスホールを再現し楽しんでもらおうと「ジャズアンサンブル阿夫利」の生演奏によるダンスパーティを行った。当日は、テレビ神奈川の取材もあり斉藤さんは「社交ダンスと秦野市の名水、落花生で全国に元気を発信したい」とPRした。当日の様子は、3月19日昼頃の放送予定。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安保法制と9条改憲案

安保法制と9条改憲案

12月1日に講演会

12月1日~12月1日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク