秦野版 掲載号:2018年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

秦野市 オリジナル婚姻届で祝福 桜や時計台を描きPR

社会

撮影用ボードとオリジナル婚姻届
撮影用ボードとオリジナル婚姻届
 秦野市は、秦野を象徴する桜などが描かれた「オリジナル婚姻届」と書き方を記した冊子「婚姻手続き早わかりBООK ふたりの始まり秦野から」を民間企業と協働で作った。5月16日から配布を始めている。

 現在、婚姻届用紙は既定のもの以外に、結婚関連情報誌の付録や専門サイトなど、オリジナル感を出したものが増えている。自治体もアピールに繋げようと県内では平塚市や茅ヶ崎市、大和市などでオリジナルデザインの婚姻届を作っているという。

 そんな中、市もオリジナルデザインの婚姻届の用紙を作り、PRに繋げようと昨年10月に検討を開始。周辺自治体を調査し11月下旬、プロポーザル方式で県外の業者と契約・委託し婚姻届の用紙と書き方などを記した冊子のセット2000部を作成した。

 業者が広告を集め、その費用で製作費全てを賄ったため、市の公費はゼロで抑えた。

 婚姻届は、所定の記入欄を囲むように桜の木と花びら、秦野戸川公園の風の吊り橋、秦野駅前まほろば大橋にある時計台がパステル調で描かれ、優しい仕上がりになっている。秦野らしさを表現するために、何度もデザインを検討したという。冊子は12ページ仕立てで、記入方法の説明のほか保育や住まいに関する情報が記載されている。

 その他、婚姻届提出時に記念写真を撮るカップルが多いことから、日付と丹沢3兄弟のイラスト、HADANОの文字が入った撮影用のボード枠を職員の手作りで用意した。「ふたりの門出を祝福するとともに、秦野市のよさを知ってもらえるきっかけになれば」と市戸籍住民課では話している。

 市戸籍住民課に届いた2017年度の婚姻届の総数は1441枚。

秦野版のトップニュース最新6件

市内水泳クラブから4人出場

Jrオリンピック夏季水泳大会

市内水泳クラブから4人出場

8月17日号

笑顔のチアで観客を虜に

FUNKYS

笑顔のチアで観客を虜に

8月17日号

耐震補強工事が完了

市役所本庁舎

耐震補強工事が完了

8月10日号

今年も「山モリ」登山イベント

古谷一郎氏県議選へ意欲

マンホールカードを配布

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク