秦野版 掲載号:2018年6月1日号
  • LINE
  • はてぶ

春の叙勲に7人 危険業務従事者叙勲は8人

社会

 2018年春の叙勲・危険業務従事者叙勲がこのほど発令され、秦野市内から15人が受章した。叙勲は春と秋に国が公務等に貢献した人を表彰する制度。功績のあった消防・警察職員には危険業務従事者叙勲が授与される。受章者は以下の通り(敬称略)。カッコ内は元職。年齢は4月29日時点。

【春の叙勲】

 ◎瑞宝双光章/保健衛生功労=野川義昭(62・県立がんセンター病院医療技術部放射線診断技術科部長)、教育功労=守屋喜久男(75・公立中学校長)、地方自治功労=森谷四郎(79・秦野市助役)

 ◎瑞宝単光章/郵政業務功労=相原工顯(のりあき)(65・日本郵政公社職員)、鉄道業務功労=小野昌博(63・小田急電鉄(株)相模大野管区本厚木駅長)、印刷庁務功労=鈴木清(70・(独)国立印刷局職員)、消防功労=古谷清(70・秦野市消防団副団長)

【危険業務従事者叙勲】

 ◎瑞宝双光章/警察功労=休徳(きゅうとく)勝秀(71・警視庁警部)、中山一己(かずみ)(71・警視正)/消防功労=山崎幸雄(67・箱根町消防監)

 ◎瑞宝単光章/警察功労=大森信夫(71・県警部補)、今(こん)馨(71・同)、坂岡宥治(71・同)、高松博夫(71・同)/消防功労=依田資郎(72・横浜市消防司令)

「困った」を「よかった」に

水のトラブル365日対応!住宅総合リフォーム・ガス・太陽光等はみどりやへ

http://k-midoriya.com

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク