秦野版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

全校児童、走る 西小 朝の「ランニングタイム」

教育

校庭を元気よくランニングする西小の児童たち
校庭を元気よくランニングする西小の児童たち
 5月28日、朝8時30分。秦野市立西小学校(森泉誠司校長)の校庭に軽快な音楽がかかり、遊具やボールで遊んでいた児童たちが一斉に走り出した。これは同校が2016年度から週2回、朝の会の前に設けている「ランニングタイム」。高学年はトラックに沿い、低学年はトラックの中を小さく回り、5分間反時計回りに校庭を駆けていく。音楽は月ごとに担当する教諭が選曲。クラシックやアニメソングが流れることもあるという。

 体調が優れない場合は参加しなくてもよく、真夏やインフルエンザの流行期は行わないなど配慮もされている。

 「知・徳・体」一体となった教育活動として実施しており、中には「今日は〇周走れた」と記録に挑戦している児童も。ランニングタイムを始めてから「朝から気持ちがすっきりして授業に集中できるようになった」などの声も聞かれているという。





秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飲食店経営の工夫とは

飲食店経営の工夫とは

6月22日 売上アップセミナー

6月22日~6月22日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

お問い合わせ

外部リンク