秦野版 掲載号:2018年6月22日号
  • LINE
  • hatena

「殺処分ゼロ」で終わらない 県動物保護センターで見学会

社会

保護されている猫と触れ合う参加者
保護されている猫と触れ合う参加者

 県動物保護センター(平塚市土屋401)で6月18日、動物保護団体主催の「来年壊されるセンターの現実を知ってほしい」と題した施設見学会が開かれ、市内外から30人が訪れた。来年には、旧舎は取り壊されるため、殺処分機は無くなるといい、「これまでの現実感が薄れてしまうのでは」と企画された。見学会では、保護されている動物の現状についての説明の後、収容されている犬・猫舎の見学、数年前まで稼働していたという殺処分機も公開。参加者は真剣な表情で見学していた。

 真鶴町から参加した石川祥子さん(45)は、友人の勧めで今回初めて参加した。施設見学を通して「人間の身勝手な行動は許されないと思った」と話した。

 現在このような動物たちを守るために「かながわペットのいのち基金」を募集している。保護された犬や猫たちのケガや病気の治療、人と暮らすためのしつけなどを行い、譲渡を推進していくために活用される。

秦野版のローカルニュース最新6件

就労移行支援事業所りんく 

障がいをお持ちの方の『働く』をサポート。就職でお困りの方はぜひご相談下さい!

http://www.hatanohp.or.jp/service/support_link/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「東海道五十三次の旅」

「東海道五十三次の旅」

16日から浮世絵ギャラリーで

3月16日~4月14日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク