秦野版 掲載号:2018年6月29日号
  • LINE
  • hatena

願いをのせた短冊ずらり 本町公民館で8日まで

文化

「たけのこ学級」が作った七夕飾りを見る来館者
「たけのこ学級」が作った七夕飾りを見る来館者
 秦野市立本町公民館で7月8日(日)まで、知的障害者のための学級「たけのこ学級」が作った七夕飾りと、本町幼稚園とすえひろこども園の子どもたちが書いた願い事を展示している。同館開館時間の午前8時半から午後10時まで。

 たけのこ学級は、義務教育を修了した知的障害者への生涯学習の機会を提供することを目的に1990年から活動している。毎年行事の一環として七夕飾りを作っており、今年は生徒やその父兄、ボランティアの総勢約70人が参加。「かぞくのけんこう」や「僕は仕事も頑張ってます」といった願いや思いのこめられた短冊が飾られている。

 本町幼稚園とすえひろこども園の願い事の展示は今回が初めて。孫の書いた願い事を一目見ようと祖父母が写真を撮りに訪れるという。今後も毎年展示する予定だ。

 自分の書いた願い事を母親と一緒に見に来ていた同こども園の杉崎夢果(ゆめか)ちゃん(5)は、「ケーキ屋さんになって、虹のケーキを作りたい」と色鮮やかな虹の絵で夢を表現。友人の願い事も楽しそうに探していた。

自分の書いた願い事を探す親子
自分の書いた願い事を探す親子

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

現代アーティスト作品展

現代アーティスト作品展

11日から 丹沢美術館で

12月11日~12月16日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク