秦野版 掲載号:2018年7月6日号
  • LINE
  • はてぶ

前川氏講演に450人 秦野から未来を創る会が主催

政治

講師を務めた前川氏
講師を務めた前川氏
 秦野から未来を創る会(古谷一郎代表)主催の「秦野からまっとうな政治を取り戻す集い」が6月28日、秦野市文化会館で開催された。当日は約450人が参加し、会場の小ホールはほぼ満席に。講演では、元文部科学事務次官の前川喜平氏が講師を務めた。

 講演に先立ち、主催者の古谷氏があいさつ。「政治に興味を持つようになったのは3・11がきっかけ。このまま日本はどうなっちゃうんだろうと心配し、国会中継を見て、調べていくうちに僕が信じていた日本からかけ離れていっていることが分かった」と自身の思いのたけを熱く語った。

 続いて、前川氏が登壇。国会で議論されている加計学園問題に触れながら、「まっとうな政治とは憲法を守る政治」と断言。「国民一人ひとりを守るために国がある。ところが国が先にあると思っている人が増えている」と話し、「個人の尊厳を踏みにじる最悪のものは戦争。この方向へと動いているのではないか」となげかけた。前川氏の冗談を交えた軽妙なトークに、参加者らは笑いつつ、真剣に聞き入っていた。

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク