秦野版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • はてぶ

年に一度”七夕の再会” こひつじ保育園児が寿湘ヶ丘老人ホームへ

教育

プレゼントのやり取りをする園児と高齢者
プレゼントのやり取りをする園児と高齢者
 こひつじ保育園(秦野市渋沢2の7の15)の4〜5歳児28人が7月6日、秦野市千村の社会福祉法人むつみ福祉会寿湘ヶ丘老人ホームを訪問した。毎年七夕の前に、36年ほど続けているという。

 園児らは職員に連れられて、迎えに来たマイクロバスで寿湘ヶ丘老人ホームへ向かった。ステージで、この日のために練習してきた太鼓の所作などを披露したあと、高齢者にも親しみ深い「みかんのうた」や「シャボン玉」などの童謡を一緒に歌い、穏やかなひと時を過ごした。

 また、園児らが折り紙の中に顔の絵を描いて花の形に折ったプレゼントを、車いすなどに座る高齢者へ一人ずつ笑顔で手渡していくと、高齢者からも自然と笑みがこぼれた。中には、昨年園児からもらった折り紙を今も大切に持っている人もいた。帰り際、玄関で見送られた園児たちは、高齢者と互いに「ありがとう」と言い合い、別れを惜しんだ。

 守屋和子園長は「年に1回、必ず会いに行く織姫と彦星みたいでしょ」と笑みを浮かべ、「子どもって人を喜ばせる力があるとあらためて感じた」と話した。

「困った」を「よかった」に

水のトラブル365日対応!住宅総合リフォーム・ガス・太陽光等はみどりやへ

http://k-midoriya.com

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク