秦野版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • hatena

木造住宅耐震診断 補助率10割に引上げ 市内耐震化率90%めざし実施

政治

 震度5クラスの地震が頻発している昨今。秦野市では民間住宅の耐震化率向上をめざし、今年度から木造住宅の耐震診断補助率をこれまでの9割から、8万5000円を限度額として10割へ拡充した。

 木造住宅の地震による被害は、1981年(昭和56年)6月より前の旧耐震基準で建築された木造住宅に集中している。秦野市では2006年度から木造建築物耐震改修工事等補助事業として「耐震診断」「補強設計」「耐震改修工事」の費用の一部補助を行っており、特に「耐震診断」については耐震補強の必要性の有無を居住者に確認してもらおうと、補助率の引き上げを行ってきた。

 市は2012年度に耐震診断の補助率を診断費用の2分の1から9割まで引き上げた。さらに2016年度に策定した「耐震改修促進計画」の中で住宅耐震化率を2020年度までに90%にする目標を掲げたが、現在は約86%でとどまっている。耐震診断の申請も昨年度は10件と伸び悩んでおり、市は4月1日から耐震診断補助率を10割に引き上げることにしたという。診断費の目安は8万5000円〜10万円で、補助金限度額も8万5000円とした。

 対象となるのは1981年6月1日より前に着工した秦野市内の木造建築住宅。原則として対象住宅を自ら所有し、かつ居住する人、及び同居の配偶者や親族などが申請できる。ただし1981年6月1日以降に10平方メートルを超える増築した場合、パネル構造等のプレハブ住宅は対象外。事前に市開発建築指導課の窓口で申請を行い、交付決定通知を受けてから、市指定の耐震診断技術者に診断を受け、報告書を元に補助金が交付される流れとなっている。

 同課では「補助金を活用し、自宅の耐震性を確認してほしい」と話している。

秦野版のトップニュース最新6件

グランフォンド丹沢 今年も

神倉県議 2期目の出馬表明

規格外品をポタージュに

JAはだの

規格外品をポタージュに

2月8日号

(仮)寺子屋スタート基金に寄付

ひろはた自習・相談室

(仮)寺子屋スタート基金に寄付

2月8日号

秦野PR館がオープン

新東名高速道路

秦野PR館がオープン

2月1日号

ソフトテニスで全国へ

末広小6年高橋君

ソフトテニスで全国へ

2月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本作家として新境地へ

絵本作家として新境地へ

舘野さん 新作「はっぱのうえに」を発売

3月2日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク