秦野版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

日立サンディーバ対ビックカメラ高崎 日本女子ソフトボール 1800人超 熱い眼差し

スポーツ

▲高崎の強力打線にたち向かう日立のピッチャー
▲高崎の強力打線にたち向かう日立のピッチャー
 日本女子ソフトボール1部リーグ第6節秦野大会が、中栄信金スタジアム秦野で行われた。日立秦野事業所に所属する選手も擁する日立サンディーバは8日、ビックカメラ高崎と対戦した。

 強力打線を誇るビックカメラは初回から日立を攻めた。ヒットや四球等で満塁になると、犠牲フライで1点をとり日立のピッチャーを攻め立てた。2回の攻撃ではさらに2点をとり、3点リードとした。

 3点を追いかける形となった日立は、2回の裏の攻撃で2番打者の松本選手がヒットで1塁に出ると、続く田邉選手がツーベースヒットで進塁。続く松畑選手もヒットで1点を返した。日立は逆転勝利に向け勢いに乗るかと思えたが、ビックカメラの猛攻は続き3回に1点、5回に2点を取られ6対1でビックカメラ高崎が勝利した。

 日立サンディーバの鈴木由香監督は「ビックカメラの強力打線を抑えることができなかった。今後はさらに投手力を強化していく必要がある」と話した。

 試合後、車いすソフトボールの選手らによるデモンストレーションや選手によるサイン会なども行われ、ファンとの交流も行われた。

◀︎日立を応援する観客
◀︎日立を応援する観客

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月28日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菅原神社で合格祈願

菅原神社で合格祈願

初天神の1月25日に

1月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク