秦野版 掲載号:2018年10月19日号
  • LINE
  • はてぶ

マスターズ陸上大会 世界と日本で大活躍 市内在住の2人メダル獲得

スポーツ

世界大会に出場した石田さん
世界大会に出場した石田さん
 9月にスペインで開催された世界マスターズ陸上競技選手権大会で、石田一夫さん(65)=秦野市桜町在住=が300mハードルに出場し、48秒98で銅メダルを獲得した。

 35歳以上のマスター(熟練)が5歳刻みの同年代同士で競うマスターズ大会。石田さんは65〜69歳の12カ国の選手と競った。調子が良く、「自分の走りができれば上位に食い込める自信はあった」と石田さん。予選は51秒82で1位通過。決勝はアメリカ勢に1・2位を奪われたが、予選から2秒84縮める48秒98の好タイムで3位となった。「上位を狙うには、300mを全力で走れるだけの持久力をつけること」と課題を挙げた。

 石田さんは2016年には4×100mリレーM60の部で出場し、金メダルを獲得している。今大会では初めての個人種目出場で銅メダル。今後の目標はさらに上位を目指すという石田さん。さらなる挑戦は続く。

全日本で金銀

 9月22日から24日、鳥取県で開催された全日本マスターズ陸上競技選手権大会では、小山田範人(のりひと)さん(47)=市内入船町在住=が400mハードルで銀メダル、4×400mリレーで金メダルに輝いた。両種目共に一発勝負の試合。「目標にしてきた大会でメダルを獲れてうれしい」と喜びを語った。「ハードルは銀に終わったので、金を獲れるように頑張りたい」と目標を掲げた。

全日本でメダル2つをとった小山田さん
全日本でメダル2つをとった小山田さん

秦野版のローカルニュース最新6件

狙うは駅伝関東大会優勝

秋川雅史&東京室内管弦楽団

タウンニュースホール

秋川雅史&東京室内管弦楽団

11月16日号

観光和太鼓が自主公演

岡田又郎油絵展

岡田又郎油絵展

11月16日号

ジャズ生演奏と写真展

佐藤庄市さんが個展

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク