秦野版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

マスターズ陸上大会 世界と日本で大活躍 市内在住の2人メダル獲得

スポーツ

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena
世界大会に出場した石田さん
世界大会に出場した石田さん

 9月にスペインで開催された世界マスターズ陸上競技選手権大会で、石田一夫さん(65)=秦野市桜町在住=が300mハードルに出場し、48秒98で銅メダルを獲得した。

 35歳以上のマスター(熟練)が5歳刻みの同年代同士で競うマスターズ大会。石田さんは65〜69歳の12カ国の選手と競った。調子が良く、「自分の走りができれば上位に食い込める自信はあった」と石田さん。予選は51秒82で1位通過。決勝はアメリカ勢に1・2位を奪われたが、予選から2秒84縮める48秒98の好タイムで3位となった。「上位を狙うには、300mを全力で走れるだけの持久力をつけること」と課題を挙げた。

 石田さんは2016年には4×100mリレーM60の部で出場し、金メダルを獲得している。今大会では初めての個人種目出場で銅メダル。今後の目標はさらに上位を目指すという石田さん。さらなる挑戦は続く。

全日本で金銀

 9月22日から24日、鳥取県で開催された全日本マスターズ陸上競技選手権大会では、小山田範人(のりひと)さん(47)=市内入船町在住=が400mハードルで銀メダル、4×400mリレーで金メダルに輝いた。両種目共に一発勝負の試合。「目標にしてきた大会でメダルを獲れてうれしい」と喜びを語った。「ハードルは銀に終わったので、金を獲れるように頑張りたい」と目標を掲げた。

全日本でメダル2つをとった小山田さん
全日本でメダル2つをとった小山田さん

秦野版のローカルニュース最新6

女性向け消防職業説明会

女性向け消防職業説明会 社会

7月17日 消防本庁舎で

7月10日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

6月21日〜6月27日

7月10日号

絵師・梶山関山の軌跡

絵師・梶山関山の軌跡 文化

没後100年記念し企画展

7月10日号

障害者施設の作品即売会

障害者施設の作品即売会 社会

7月11日イオンSC

7月10日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月10日号

水害対策で協定を締結

水害対策で協定を締結 社会

横河電子機器ら3社と

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク