秦野版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

秦野市 再編・集約で9部50課に 地域力固める組織へ

政治

 秦野市は2019年度の組織・執行体制の改正案を発表した。行政運営の効率化及び体制強化を図るため、11部51課から9部50課に再編するとしており、現在開会中の市議会12月議会に上程されている。

 今回の組織改正は、高橋昌和市長が行う本格的な組織運営体制として注目されている。

 改正の主なポイントは、2021年度からの次期総合計画について、策定作業が本格化することから、まとめ役となる政策部を再編成。財政部門を組み込むほか、「はだの魅力づくり担当」を新たに新設する。これは、新東名高速道路の交通インフラも含め、秦野市全域の魅力づくりの基盤整備を行うという。

 また、新たに「総務部」を創設し、法制・人事・情報系部門など内部事務系の部門を総括。従来の市民部は解体・再編され、市民生活系部門と文化スポーツ系部門に再編される。市民生活部門を所管する「くらし安心部」では市民活動や防災、地域安全など、市民協働が重要となる部門を担う。文化スポーツ部では、2020年を前に「オリンピック・パラリンピック推進担当」を置くほか、「文化交流担当」を新設する。

 福祉部では、高齢者や障害者、生活困窮者等を社会全体で支え合う共生社会実現のため、福祉部門を総括する「地域共生推進課」を新設。枠組み作りに着手する。環境産業部では、秦野盆地が有する豊富な地下水を保全するだけでなく、活用方法を模索するため「秦野名水担当」を置き、PRも含めた検討を行う。また、市内4駅を中心とした賑わい創造のため産業振興課内に「にぎわい創造担当」を新設する。

 そのほか人口減少が進む中で、交通インフラや空家や空地対策を担う「交通住宅課」を都市部に創設。カルチャーパーク課は市内の全公園を所管する「公園課」として建設部に移管された。

 再編・統合により部数は9つに、課は50課となる。市議会で可決されれば、この組織改正を元に、来年度の予算案等が組まれることとなる。

秦野版のトップニュース最新6件

小児医療費助成を拡大へ

市内の危険バス停を公表

神奈川県警

市内の危険バス停を公表

12月7日号

「センター方式」を答申

中学校完全給食推進会議

「センター方式」を答申

11月30日号

アルミ缶回収優秀校に

東中学校

アルミ缶回収優秀校に

11月23日号

70周年記念し式典

秦野商工会議所

70周年記念し式典

11月23日号

14年ぶり関東ベスト4

秦野リトルシニア

14年ぶり関東ベスト4

11月16日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

現代アーティスト作品展

現代アーティスト作品展

11日から 丹沢美術館で

12月11日~12月16日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク