秦野版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

福を集めるミニ熊手が完成 御門・八坂神社 元日に無料配布

文化

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
熊手づくりを行う神社の役員ら(上)毎年2時間ほどで無くなってしまうミニ熊手(右)
熊手づくりを行う神社の役員ら(上)毎年2時間ほどで無くなってしまうミニ熊手(右)

 御門・八坂神社(本町3の12の8)で、元日の初詣客に無料で配られている「ミニ熊手」づくりの作業が先ごろ終了した。

 ミニ熊手づくりは、同神社の元総代で竹細工職人だった故・須藤仙之助さんによって始められたもので、1993年から総代ら役員らに引き継がれている。

 作業はまず氏子総代の尾登藤夫さんの竹林から竹を切り出すことから始まった。11月9日から始まった作業では竹をミニ熊手の部品の大きさに切り、さらに厚さを揃えるために削っていった。熊手の爪の部分は電気ゴテで一つずつ丁寧に丸みをつけ、それぞれの部品を組み合わせ接着剤で固定。最後に鈴と赤、白、紫の3色の紐、御札を結んで完成させた。すべて手作業という労作の熊手は17人の役員らによって350個ほど作られた。

 同神社の榎本博好責任役員代表は「平成の最後であり、来年は元号も変わる記念の年。熊手は福を集めるといわれており、良い年になるよう、ぜひ初詣に訪れてほしい」と話した。

 ミニ熊手の配布は元日の午前0時からで、先着順で参拝を済ませた人に手渡される。

秦野版のローカルニュース最新6

救助活動を市長に報告

市消防職員

救助活動を市長に報告 社会

熱海土石流 緊急消防援助隊

7月23日号

おおね油絵サークル展

おおね油絵サークル展 文化

市民ギャラリーで

7月23日号

パラ通して多様性を考える

パラ通して多様性を考える スポーツ

8月14日に聖火フェス

7月23日号

すとりーとらいぶ

すとりーとらいぶ 文化

寺山の石庄庵で

7月23日号

14年間児童の安全見守る

14年間児童の安全見守る 社会

菖蒲在住 竹田弘さん

7月23日号

ワクチン接種状況

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter