秦野版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

福を集めるミニ熊手が完成 御門・八坂神社 元日に無料配布

文化

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
熊手づくりを行う神社の役員ら(上)毎年2時間ほどで無くなってしまうミニ熊手(右)
熊手づくりを行う神社の役員ら(上)毎年2時間ほどで無くなってしまうミニ熊手(右)

 御門・八坂神社(本町3の12の8)で、元日の初詣客に無料で配られている「ミニ熊手」づくりの作業が先ごろ終了した。

 ミニ熊手づくりは、同神社の元総代で竹細工職人だった故・須藤仙之助さんによって始められたもので、1993年から総代ら役員らに引き継がれている。

 作業はまず氏子総代の尾登藤夫さんの竹林から竹を切り出すことから始まった。11月9日から始まった作業では竹をミニ熊手の部品の大きさに切り、さらに厚さを揃えるために削っていった。熊手の爪の部分は電気ゴテで一つずつ丁寧に丸みをつけ、それぞれの部品を組み合わせ接着剤で固定。最後に鈴と赤、白、紫の3色の紐、御札を結んで完成させた。すべて手作業という労作の熊手は17人の役員らによって350個ほど作られた。

 同神社の榎本博好責任役員代表は「平成の最後であり、来年は元号も変わる記念の年。熊手は福を集めるといわれており、良い年になるよう、ぜひ初詣に訪れてほしい」と話した。

 ミニ熊手の配布は元日の午前0時からで、先着順で参拝を済ませた人に手渡される。

秦野版のローカルニュース最新6

ハート展

ハート展 文化

12月9日から

11月26日号

食品ロス対策学ぶ

蔵の仲間たち展

自然素材のリース展示

自然素材のリース展示 文化

くずはの家で11月27日から

11月26日号

12月イベント情報

万葉の湯 はだの館

12月イベント情報 社会

11月26日号

“笑運動会”で再会喜ぶ

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook