秦野版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

宿泊客もてなす最中の猪 鶴巻温泉の旅館 梵天荘で

経済

 2019年の干支は「亥」。鶴巻温泉の旅館・梵天荘(秦野市鶴巻北2の12の36)では以前からお茶菓子として、猪をかたどった「いの子最中」が振舞われている。袋の表上段には「小田急鶴巻温泉」とあり、皮の真ん中には「鶴♨巻」の焼き印。鶴巻温泉にほど近い佐野製菓(伊勢原市笠窪506)が製造している。

 「うちは昔から、お茶菓子はいの子最中って決まってんの」というのは、梵天荘の女将・加藤政江さん(79)。加藤さんが嫁いできた時には既に宿泊客などへのもてなしとして、この最中が出されていた。「皮が香ばしくしょりしょりしていて、餡もおいしいのよ」と加藤さん。甘いものが苦手な男性客にも喜ばれてきたという。

地元名物の「猪鍋」から着想

 大和旅館(秦野市鶴巻北2の7の7)では、今も創業当時から続く猪(しし)鍋が提供されているが、鶴巻温泉の旅館では以前、広く猪鍋が振舞われていたという。

 そこで昭和42年頃、佐野製菓の先代・佐野繁男さんが、猪をモチーフにこの最中を製作。かつては、お茶菓子として様々な旅館で重宝されていた。

 12年前の亥年には、材料が何もなくなってしまうほど売れたといういの子最中。現在も繁男さんの息子・孝芳さん(69)と、妻ひとみさん(65)が夫婦二人三脚で変わらぬ味を作り、店頭で販売している(1個120円税込)。

 柔らかな餡は、季節や湿度によって硬さを変えるなど繊細な作業を経てじっくり練り上げられる。ひとみさんは「私は主人を手助けしているだけですが、二人とも”おいしく食べてもらいたい”という思いで続けています」と話した。
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク