秦野版 掲載号:2019年1月4日号
  • LINE
  • hatena

2019年秦野市新成人のつどい実行委員長を務める 只川(ただかわ) 美夕(みゆう)さん 下落合在住 19歳

自ら進んで、全力で

 ○…平成最後という節目に20歳を迎える新成人。「新たにみんなで次の時代に向かっていこう」という思いを込めた今年のテーマは『平成ジャンプ〜新しい時代へ〜』。実行委員長として、アルバイトや部活、授業の合間を縫って準備に励んだ。「自分も20歳という節目を迎えるので、自分から前に進みたい」と委員長に手を挙げた。

 ○…本町中ではバドミントン部に所属し、練習に明け暮れた。1年生の冬から生徒会に入り、思うように部活に参加できない中、参加できた時には誰よりも全力で。「負けず嫌いなので」と柔らかな笑顔で話すが、努力を怠らない。好きな野球の応援がしたい、と進学した平塚学園高校では、小学生の時に始めたチアを再開。ダンスリーダーになるなど、率先して前に出て取り組んだ。「人任せの時間がもったいなくて」。休憩時間も休まず練習を繰り返し、経験者に意見を聞くなど着実に上達しようと奮闘。現在も帝京大学のチアリーディング部で活躍中だ。

 ○…趣味は野球観戦。中3の時に本町中の野球部が全国大会に出場し、頑張っている部員の姿を見て野球好きに。高校野球や大学野球を観戦しに会場まで駆け付けている。今までで一番印象に残っているのは、高2の時に横浜スタジアムで応援した県大会準々決勝。100人を超えるチアダンス部の一員として参加した。「全校生徒が一体となった応援が忘れられない」と目を細めた。

 ○…「担任の先生が目標とする人」と話し、将来の夢も教員。小・中・高の担任が、常に自分も含め、皆のことを気にかけ、好きなことをのびのびさせてくれたことが嬉しかったという。「自分のやりたいことや好きなことに全力で取り組めるような手助けをしたい」。夢に向かって突き進む。

秦野版の人物風土記最新6件

木次谷(きじや) 紀子さん

ブラスゼロ第5回コンサートでマリンバ奏者としてソリストを務める

木次谷(きじや) 紀子さん

2月15日号

森本 正弘さん

第50回全国吟詠コンクールで優勝した

森本 正弘さん

2月8日号

川口 浩太さん

60周年を迎えた秦野伊勢原食品衛生協会の会長を務める

川口 浩太さん

2月1日号

内田 旦人(あきと)さん

全日本大学バスケットボール選手権で優勝した東海大学「SEAGULLS」のキャプテン

内田 旦人(あきと)さん

1月25日号

宮川 邦生さん

鶴巻地区すんでよかったまちづくり委員会の委員長を務める

宮川 邦生さん

1月18日号

和田 康(こう)さん

レストアラーとして1933年製の米国車「パッカードエイト」を走れる状態まで修理した

和田 康(こう)さん

1月11日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵本作家として新境地へ

絵本作家として新境地へ

舘野さん 新作「はっぱのうえに」を発売

3月2日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク