秦野版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

『大寒卵』で一年を元気に 1月20日 じばさんずで取り扱い

文化

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena
「みくるべたまご」の有精卵を持つ山本澄子さん
「みくるべたまご」の有精卵を持つ山本澄子さん

 暦の上では、一年で最も寒さが厳しくなる時期とされる『大寒』。この日に生まれた卵を食べると「一年を健康で過ごせる」という風習がある。毎年、農産物直売所「はだのじばさんず」(秦野市平沢477)でも人気商品として取り扱っており、今年も1月20日(日)に販売する。

 「鶏は寒くなると飲む水の量が減り、そのぶん飼料を多くとるようになります。産卵数も減るので、そのぶん熟成され、滋養分たっぷりの卵になります」と話すのは、秦野市三廻部の山あいで養鶏を営む「みくるべたまご」の山本澄子さん(70)。夫である山本康衛(やすえ)さん(74)と共に17年前から放し飼い有精卵の出荷を行っている。

 康衛さんは昔から鳥が好きだったこともあり、57歳で心機一転、脱サラして養鶏業の道へ。ケージの中で一括管理するのではなく「元気な鶏を育て、自分たちならではの卵を作ろう」と放し飼いの養鶏を選択した。扱っているのはオランダ原産の黒鶏「ネラ」で、衛生面には細心の注意を払っている。「清潔な環境で元気に遊ばせ、身体づくりをしています。うちの鶏は顔つきが違っていて、キリリとしているのよ」と笑顔で語る澄子さん。放し飼いのため、鶏舎の巣箱でとれる有精卵の数は毎日違う。飼料も康衛さんが工夫を重ねてきた独自配合のもので、水は地元の湧水を汲んでくる。野菜を食べさせることで栄養価も高くなるそうだ。澄子さんは「うちの卵で『元気になった』と言ってもらえるのが一番嬉しいわね」と胸を張る。

 昔は秦野にも養鶏所が多くあったそうだが、今は市内では同社だけになった。澄子さんは「鶏が好きで、農家は面白いから続けられている。一度うちの卵を食べてもらえれば」と話した。

 『大寒卵』は1月20日の午前9時からじばさんずで販売。「みくるべたまご」の『大寒卵』は10個入700円で販売。このほか、神奈川県産『大寒卵』(6個入200円)が同時に販売される。数量限定商品のため、なくなり次第終了。問い合わせは、じばさんず【電話】0463・81・7707へ。

放し飼いで育つ鶏(写真提供/みくるべたまご)
放し飼いで育つ鶏(写真提供/みくるべたまご)

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook