秦野版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

新春行事レポート たこ揚げ大会に600人 おおね公園のスポーツ広場で

文化

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena

 おおね公園(秦野市鶴巻)で1月4日、新春たこあげ大会が開かれ、約600人の親子連れ等がスポーツ広場に集まった。ほどよい風にも恵まれ、250個のたこが快晴の空をひらめいた。会場には「春の海」などお正月らしい曲が流れ、無料でお汁粉も振舞われた。

 主催の鶴巻地区社会福祉協議会(宮川邦生会長)は12月からたこの材料等を準備。当日は青少年指導員が子どもらにたこの作り方や揚げ方を教えた。

 例年同広場で行われているが、今年は人工芝への改修工事完了後、初めての開催。祖父ら家族と遊びに来た小学生が「じいじ見て!」と言いながら高く揚がるたこを引く姿を見て、宮川会長は「人工芝になり、子どもたちが思いっきり走れるようになったのでは」と目を細めていた。

小さな獅子が福を舞い込むあくまっぱらい

 「舞い込め、舞い込め」ドコドコドコドコドコ…張り詰めた新春の朝の空気に、太鼓の音と掛け声が響く。

 無病息災、家内安全を祈る新春の伝統行事「あくまっぱらい」が1月5日、秦野市横野地区で行われた。横野子ども会(溝口隆雄会長)の約20人が参加し、横野神輿会(柏木秀治会長)と一緒に横野地区の民家約200軒を訪問した。

 江戸時代から続く小正月の行事で、以前は青年団の若者が行っていたが、その後、団は解散。「あくまっぱらい」の伝統が途絶えていた時期に火事があったことから、昭和40年代に子ども会が再開した。「それからこのあたりで火事は起きていないそうです」と溝口会長は話す。

 以前は地区の小・中学生が行っていたが、少子化のため現在は未就学児も参加するように。順番に獅子頭をかぶって獅子の役を果たす。

 安全のため、獅子頭を被るのは入る家の目の前に来てから。重たい獅子頭を両手で抑えながら、緊張した様子で玄関に立つ。家の人に招き入れられ、靴を脱いで中に入ると、口をパクパクと動かして、福を呼ぶ。獅子舞に全身を噛んで願をかけてもらった柏木トクさん(87)は「これで、元気に長生きできそうです」と笑顔を浮かべた。帰り際、玄関で靴を履こうとするも獅子頭で下が見えず、周りの大人が手伝う微笑ましい光景もあった。

 初めて獅子舞をした神林花凜さん(北小4)は「獅子頭は意外と重たくて、人の家に上がるのがちょっとドキドキした」と話した。

 市内ではほかに、12日(土)に堀西で、13日(日)に菖蒲で「あくまっぱらい」が予定されている。

大人の獅子が訪問すると泣いてしまう子どもがいるものだが、横野の獅子は人の家に入るのに緊張しているため大人しく、訪問した家の子どもたちにも笑顔で迎えられる
大人の獅子が訪問すると泣いてしまう子どもがいるものだが、横野の獅子は人の家に入るのに緊張しているため大人しく、訪問した家の子どもたちにも笑顔で迎えられる
あくまっぱらいは8時半から昼過ぎまで。鳥のさえずりしか聞こえなかった。今は静かなこの場所も、2020年度には新東名高速道路が開通する。工事現場横の新道を、小さな獅子舞が江戸時代と同じ顔で闊歩していた。
あくまっぱらいは8時半から昼過ぎまで。鳥のさえずりしか聞こえなかった。今は静かなこの場所も、2020年度には新東名高速道路が開通する。工事現場横の新道を、小さな獅子舞が江戸時代と同じ顔で闊歩していた。

秦野版のローカルニュース最新6

ハート展

ハート展 文化

12月9日から

11月26日号

食品ロス対策学ぶ

蔵の仲間たち展

自然素材のリース展示

自然素材のリース展示 文化

くずはの家で11月27日から

11月26日号

12月イベント情報

万葉の湯 はだの館

12月イベント情報 社会

11月26日号

“笑運動会”で再会喜ぶ

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook