秦野版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

秦野市 年間救急出動が過去最多 火災件数も増加傾向

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 秦野市消防本部は1月11日、2018年中の火災出動件数、救急出動件数の速報値を発表した。火災・救急ともに増加傾向にあり、特に救急出動件数は前年比を大幅に超え、過去最多を更新した。

 2018年1月1日から12月31日までの消防本部の救急出動件数は8312件。前年の7750件から562件(約7・3%)増となり、大幅に過去最多を更新した。1日平均22・8件、約63分に1件の割合で出動したことになる。

 超高齢社会の現在、救急需要は増加しており、秦野でも救急出動件数は右肩上がりとなっている。内訳を見ると急病による出動が5602件と最も多く、次に一般負傷1219件、交通事故523件。市消防本部では常時5台の救急自動車が稼働しており、119番通報の場所から直近の救急自動車が出動する。しかし、直近の車がすでに出動している場合は次に近い場所から出動することになり「救急出動件数の増加は現場到着時間の遅れにもつながる。適正利用をしてほしい」と話す。

建物火災相次ぎ注意呼びかけ

 出動件数は火災でも増加しており、2018年は46件で前年比2件(約4・5%)増となった。

 内訳は建物火災が最も多く29件。市内では昨年11月から建物火災が相次いでおり、今年もすでに2件(うち1件建物火災・1月14日現在)の火災が発生している。タバコやストーブ、コンロが原因の火災が多く、「ストーブの近くに燃えやすい物を置かない、寝タバコをしない、火のそばを離れる時は火を消すなど注意してほしい」と同本部。すでに義務化されている住宅用火災警報器の設置や、消火器などの備えを呼び掛けている。

秦野版のトップニュース最新6

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

食品ロス削減に一手

JAはだのじばさんず

食品ロス削減に一手 社会

全国2番目「ecobuy(エコバイ)」導入

11月12日号

プロの技で地元に恩返し

塗魂ペインターズ

プロの技で地元に恩返し 社会

北小の遊具を塗装

11月12日号

高橋昌和の4年間

5つの誓いの取り組みと成果 第1回「中学校給食の完全実施」

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

プロに学ぶフォトセミナー

【Web限定記事】

プロに学ぶフォトセミナー

観光協会が参加者募集

12月10日~12月10日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook